スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの初恋☆No7

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 キラキラライン2

 

 No  7   ( ラブソングに魅せられて 

 

 

 

「なんせびっくりしたで~~!!ikeちゃんもN君も真っ赤っかやん!

N君は何も言わんと逃げよったし!ikeちゃんは死にそうになってるし」

 

 

 

M子がピンクのサテンのハチマキをしながら言いました

 

 

「ふ~ん・・・ホンマに何もなかったん~~?

ikeちゃん実はKIssぐらいしてたりして~~☆」

 

K子もピンクの羽マフラーを羽織りながらいいました

 

 

 

ホンマに何もなかったよ~~356

N君あたしが泣いたからなぐさめてくれただけやよ!

なぁ  ホンマにこれ振らなアカンの~?  恥ずかしいんやけど~356

 

 

ikeママンはM子が持ってきていた

蛍光黄緑のジュリアナ扇子(知らない人は誰かに聞きましょう)

を見て言いました

 

 

 

「あたりまえやろっっ!!目だってなんぼやんか!!

それにウチはこれや!!昨日徹夜で作ってん!!」

 

 

M子が紙袋から特大のウチワを出しました

表には当時15歳のikeママン女の子達を 虜にした

 

 

 

国民的アイドル  (チェッカーズ)

 

 

 

のボーカル   藤井フミヤこと   「フミヤ」   の

写真が貼ってあって  裏には蛍光ペンキで

好きやねん☆」と大きく書いていました

 

 

 

 

 

 

今私達は後楽園球場に来ています

 

 

もうすぐここでチェッカーズのライブコンサートがあります

 

会場は1万人以上の人で埋め尽くされています、しかも全員若い女の子です

 

 

「今回のライブは今までで一番ええ席やわ

きっとフミヤはこの大勢の中でウチをみつけてくれるはず・・・・・」

真剣な目でM子がいいます。

 

 

 

当時のチェッカーズはアイドルグループにしてはめずらしく 

バンド形態で ミュージシャン的な要素がありました

M子が ヴォーカルの フミヤの 大FAN  なのは

私達の中学でも超有名でした

 

 

もちろんFANクラブに入ってるM子はチェッカーズの出身地

久留米の地元のFANとかも繋がっていて 

フミヤの実家にいってお母さんと話したこともあるほどのつわものでした

チェッカーズが大阪に来ているときは必ず学校を休んでおっかけをしていました

 

もちろん私達が口裏を合わせていたので学校の先生もM子の親も

そんなこと一切しりませんでした☆

 

 

 

 

M子がどれくらい熱狂かといいますと  

他のクラスにもチェッカーズのFANの女の子がいて 

☆「フミヤと寝た」☆

 

 

大ボラを吹いていたのでM子がシメた くらいです

 

 

 

ikeママンもフミヤが結構好きだったのですが

そんな事言うと友達を辞められそうだったのでいえませんでした

 

 

 

 

そう    私達  仲間うちではフミヤはM子のものだったのです(笑)

 

 

(フミヤが笑った時に少しN君に似てるな) とikeママンは思っていましたが

そんなことM子に言ったら絶対殺されます!!

 

 

 

そう・・・・ あの当時の女の子だったら

誰でもチェッカーズが好きだったんではないでしょうか?

それぐらい国民的アイドルだったんです

 

 

 

 

 

 

球場のライトが消えました ・・・

 

黄色い声がはじきます!!

 

 

 

 

爆音と共にライトがついた時にはもうメンバーがステージに現れていました!

 

 

オープニングは「WANDERER」

爽快な尚之のサックスに 

 

 

 

タカモク・フミヤ・マサハル 

 

 

が軽やかに踊ります    そして 

 

 

 

フミヤが吼えました☆ 

 

 

 

 

 キャ━━━ヽ│*゚∀゚*│ノ━━━━!ッ!!

 

 

 

 

 

M子は失神寸前で泣きながら叫んでいます

 

 

 

「フミヤーーーっっ会いたかったーーーーッ406

 

 

 

 

K子はフミヤの弟でサックスの尚之が好きだっので

 

 

「尚之ーーーーっっ☆大好きーーーー☆☆」

と羽マフラーを振り回していました!!

 

 

ikeママンもここぞとばかりに

 

 

「フミヤーー☆フミヤーーー☆」

 

 

 

とジュリアナ扇子を振り回して叫びました

 

 

あんまり叫んでいたのでM子にニラまれました☆

 

 

 

 

フミヤが飲んでいたポカリスェット

 

 

アリーナのikeママン達にぶちまけました 

 

 

フミヤのポカリスェットがikeママン達にかかりました☆☆ 

 

 

 

 

 

もう大興奮です!

 

 

 

 

 

 

 

「キャー━━゚.+:。ヽU゚Д゚Uノ゚.+:。━━!!!

もう絶対洗わへーーん☆☆」

 

 

 

アリーナの花道を通って フミヤがikeママン達に近づいて来ました!!

M子は叫びながら必死でウチワを振りました

特大のウチワには好きやねん!!」

蛍光で大阪弁で書いています

 

 

 

 

  

フミヤがそのウチワに気付いて 

ikeママン達を指さしてかっこよく  392”☆  ウインクしました☆

 

 

 

「今  ウチを見た!!!」

 

 

 

 

「いや!!あたしにウインクしたー☆」

 

 

 

 

「イヤ!! 私や!!」

 

 

 

 

 

 「3人や!!!」

 

 

 

 

☆キャーーー(≧▽≦)ーーーッッ☆!

 

 

 

この時アリーナにいた女の子は全員そう思ったことでしょう

 

 

 

 

 

ライブも後半に入り

ikeママンの一番好きな曲(ミセス・マーメイド)が流れました

 

 

フミヤの歌声が響きます☆

 

 

ikeママンは涙が出てきました

 

 

 

(当時に浸りたい方はし聞いてみてね♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

今思えば15歳でこの曲が好きだったのはちょっとマセていたのでしょうか?

ikeママンはフミヤを見ながらN君のことを思っていました・・・・

 

 

 

あの時・・・

 

 

 

 

N君に強く抱きしめられて・・・・

 

 

「ゴメン・・・」

 

 

 

と誤ってくれた時・・・・

不思議といやらしい感じとかなく・・・

本当にN君の誠意が伝わってきた時・・・・・

 

 

M子もK子もフミヤを見て泣いていました

 

 

 

 

 

フミヤが切なそうに熱唱します

 

 

  N君に    あいたいな・・・・・・・

 

 

 

すごく大きな後楽園球場の中・・・・

思うのはN君ただ一人・・・・・

 

 

 

 (こんな時にもN君のことを考えるなんて・・・あたし・・・重症や・・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブが終わって家に到着しました

 

 

 

 

 

 

すぐにikeママンはN君に電話しました・・・・・

 

あの時カーテンの中で抱きしめられてから一週間・・・

 

ikeママンはまだ一度もN君に電話していなかったのです

 

 

教室では 相変わらずそっけない態度のN君だったので

ikeママンが電話してこないのをどう思っているのでしょう・・・・・・?

 

 

 

でも・・・・今夜はフミヤの色っぽい歌が残っているおかげで

かけるなら今夜しかありません!

 

 

N君の家の番号はもう頭に入っています☆

暗記するほどアドレス帳を見ていたikeママンはかなり緊張しました

 

 

 

「お家の人がでたらどうしよう・・・・・・ワン切り?」

 

当時は携帯電話なんか無くて

電話をお父さんに聞かれるのがイヤで

長い電話コードをムリヤリ自分の部屋に引っ張ってきていました 

ドキドキしながらダイヤルを回しました・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

トゥルルルルルルー・・・・・・・

 

 

 

ガチャ!

 

 

 

「もしもし・・・」

 

 

ワ・・・・ワンコール??Σ(゚∇゚|||)

 

 

 

 

 

この声はN君でした!

 

 

 

「もっもしもし・・・・あの・・・・○宮です・・・・」

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・・・おう・・・・・・」

 

 

 

 

 

「ごっごめんねっ・・・・遅い時間に・・・・」

 

 

 

 

 

「・・・・・・・おう・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・・」

 

 

 

 

 

「・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

きまずい~~(-。-;)

 

 

 

 

「・・・・・・・・お前ら今日チェッカーズのコンサート行ってたやろ」

 

 

 

「えっ!?なんで知ってんの~?」

 

 

 

 

「あんだけ教室で騒いでたら聞こえるわっっ!!

先生にバレへんか気いつけろよ!」

 

 

 

「え~~マジっ?どうしよう~~?バレてへんよね~?」

 

 

 

 

 

「・・・・・・おもろかったか?・・」

 

 

 

 

 

 

「うん!!も~フミヤ最高☆ちょっとN君に似てるよね!」

 

 

 

 

 

「アホッ似てへんわっっ!!」

 

 

 

 

 

「え~~似てるよ~(*^,^*) 目たれてる所とか

カッコイイ所とか~~~☆」

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・・・(*゚ェ゚*) ・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

ikeママンは急に恥ずかしくなって

ペラペラどうでもいいことをしゃべりだしました・・・・

 

 

「でね・・・・帰りにM子とk子がマクドでお祝いしてくれてん!

あたし来週誕生日やからさっ

ホンマは明日3人で海遊館行こうって

話しになっててんけど  M子がアカンようになったから

今日しよって話しになってね」

 

 

 

「ふ~ん お前  来週誕生日なん?」

 

 

 

 

 

「うん!15才になるんよ☆」

 

 

 

 

 

 

「そうか・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

「そうやで~~(´ー`)  N君11月やろ?

誕生日!私のほうがちょっとお姉さんやな~~」

 

 

 

 

 

「なんでお前がお姉さんやねん!」

 

 

 

 

 

 

「も~~~~クスクス」

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・ほな・・・・行こか!海遊館・・・」

 

 

 

 

「・・・・・・・・・え?・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

「海遊館や!!アカンようになったんやろ?」

 

 

 

 

「・・・・・・うん・・・・そうやけど・・・・え?・・・・」

 

 

 

 

 

 

「よしっ!!行くぞ!!明日!!

荒本駅に10時なっっ!!」

 

 

 

 

「え~~~~??Σヽ(゚Д゚○)」

 

 

 

 

 

「あいつらには言うなよ☆  よし!決定や!!」

 

 

 

 

「う・・・・・・うん・・・・・」

 

 

 

 

 

「マジ お前来いよ!!

一分でも遅れたら帰るぞっっ   ほななっっ!!」

 

ガチャン☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・・・」  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デッ  デートです!!\(●o○;)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Next    No8  (初めてのデート ) 続きを読む

 

 

 

 

 

 

 


            

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

10 : 00 : 45 | ikeママンの初恋☆No7 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ikeママンの初恋☆No 8 | ホーム | ikeママンの初恋☆No 6>>
コメント
私のクラスには当時ジャッキーチェーンをM子さんがフミヤを想うように
大ファンだった友達を思い出しちゃいました(笑
by: ぴかちゃま * 2008/06/07 15:40 * URL [ 編集] | page top↑
☆ぴかちゃまさん☆
いつもありがとうございます☆
同世代で嬉しいです~☆
ぴかちゃんのプロフの
ラクスに一目ぼれしたのはこの私です☆
かわいいお洋服いっぱいで見てるだけでもかわいい~☆
by: ikeママン * 2008/06/10 09:56 * URL [ 編集] | page top↑
なんか
懐かしいなw

俺は追っかけはやらなかったけどね
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

シメる・・・ああ、懐かしい響き(-_-)
でも、俺はシメてないよ。

正義の鉄槌をふるっただけです(^_^)v
by: のぶちん * 2009/03/26 11:07 * URL [ 編集] | page top↑
☆のぶちんさん☆

正義の鉄拳をふるったことは
シメることにはならないんでしょうか?

ikeは昔 ストリートファイターの
影響を受けて
裏拳をやたら練習していた時がありました

アホです☆

by: ikeママン * 2009/03/27 22:52 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikemaman.blog95.fc2.com/tb.php/7-2fab21a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。