スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの初恋☆No 6

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

 No 6  (  カーテンの中で  )

 

 

昼下がりの放課後 誰もいない調理室にN君とふたりっきりになりました

 

 

 

 

ドキドキのシチュエーションのはずがなぜかikeママンは

N君に   「軽い女」  と言われてしまいました・・・・・・

 

 

 

 

以前からikeママンは思っていましたが  N君はズルイ男かもしれません!

だってikeママンの気持ちはもうバレバレだと思います

 

 

あえて放置されているのか・・・

それともなかなかN君は言い出せないほどのシャイボーイなのか・・・・

はたまた 何とも思われていないのか・・・

 

 

片思いでもいい  ずっとN君を好きでいようと思ってたのに・・

でも  こんなのはあんまりです☆

 

 

 

ikeママンはかなり ムカツイ てきました☆

 

 

 

「なんで?なんでN君にそんなこと言われなアカンの?」

 

 

 

くやしくて涙があふれてきました

 

 

 

「あたし・・・・N君の彼女でもなんでもないのにっっ!!

あたし・・・・    ヒック・・・・軽くなんてないもん・・・   ・・・ヒック・・・

新藤君につきあってくれって言われたけど・・・

ヒック・・・  ちゃんと・・   ヒック・・・    ことわったもん・・・・」

 

 

 

 

 

それ以上は何もいえませんでした・

シャックリがとまりません   

 

 

どうしよう・・・・

お願い早く止まって  こんなん  カッコ悪い・・・・

 

 

今までikeママンがどんな気持ちでいたか・・・

N君はちっとも分かってくれてません 

N君には泣かされてばかりです

 

 

 

・・・・・ もう ・・・・・

 

N君好きなん  今日でやめよう・・・・・・・・

 

 

 

もう・・・・ええわ・・・・・

 

 

ikeママンはちいさく  「ヒーン・・・・」  と泣きました

 

 

 

 

ショックでした・・・・

 

 

 

 

 

ギッタンバッタンしていたN君の椅子が止まりました

 

 

「・・・・・ごっ ・・・ゴメンっっ・・・」

 

 

 

N君がikeママンに近づいてきました

 

 

「・・・・・・わるかった・・・・俺が言い過ぎた!!だから 泣くなっ・・・な?」

 

 

 

ヒック「あたし・・・・・・軽くなんて・・・・・・ないもん・・・・ヒック」

 

 

 

「うん・・・・・わかってる・・・・マジ  ごめん・・・・」

 

 

N君が強くikeママンの肩を抱きました!

 

ikeママンも本当に  自然に  おでこをN君の鎖骨のあたりにひっつけました

 

 

N君が 窓際のカーテンをひっぱってikeママンと自分を包みました

 

 

カーテンは教室の匂いがしたけど

すぐにN君の匂いに変わりました

 

 

・・・きっと   N君んちも  こんな匂いするんかな?

 

 

 

N君に肩を抱かれながらikeママンはそんなことを考えていました

 

 

 

昼下がりの調理室・・・・

 

 

一番隅っこの  死角的な窓ぎわのカーテンの中で・・・・

 

ikeママンは無言でN君に抱きしめられていました

 

N君のあごがikeママンの頭にのっかっています

 

 

 

「ほな・・・・・・ちゃんと・・・ことわったんやな・・・・」

 

 

「  うん・・・・・・   」 

 

 

 

今までにない優しい声でN君はikeママンに言いました

N君は少し強くikeママンを抱きしめました

ikeママンも全身の力を抜いてN君に体をあずけていました   

まるで自分の女のようにあつかうN君・・・・・

でも一番肝心ことは何も言ってくれません

 

 

 

・・・・ああ・・・・もう・・・

アカン・・・・・やっぱり・・・・

好き・・・・・ 

 

 

 

どんなに意地悪されたって 

どんなに怒ってたって

ちょっとN君に優しくされると ikeママンはメロメロになるんです・・・

 

 

 

恋は  惚れたもん負けって本当です・・・・・

 

 

 

カーテンの中でまるで世界に二人っきりにでもなったかのよう

時間は ゆっくり  流れていきました・・・・・ 

 

 

 

「N君・・・・・」

 

 

 

 

「なんや・・・・」

 

 

 

「・・・・・はずかしい・・・・(。-_-。)」  

 

 

 

「アホっっ!!俺かてはずかしいわっっΣ( ̄Д ̄●)・・」

 

 

 

「電話・・・・してこいよ・・・」

 

 

「・・・・うん・・・・」

 

 

 

「毎日やぞ」

 

 

「え~?クスクス  ムリっ  」

 

 

「お前がかけるって言うたんやろ・・・・・根性だせ」

 

 

 

さっきまでの辛い気持ちが  うそのよう

ベージュのカーテンの中でikeママンはN君に抱きしめられて

すごく  幸せでした・・・・

 

 

 

「ねぇ ○宮・・・・」  (ikeママンの旧姓)

 

 

「こっちむいて・・・・」

 

 

 

N君はikeママンの髪を

ゆっくり掻きあげて顔をみようとしました

 

ikeママンは泣き顔をみられるのが恥ずかしくて下を向きました 

 

またその顔をみようとN君の顔が近づいてきました

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

「もうまったく あいつら全部食ってしまってるわぁ~☆

ikeちゃ~んお待たせ~☆」

 

 

ギクッゥゥーー Σ(゚Д゚;o) ーーゥゥッ 

 

ギクッゥゥーー Σ(゚Д゚;o) ーーゥゥッ  

 

 

 

M子の声に 私達は磁石がはじくように離れました!!

 

先にカーテンから出たのはikeママンでした!

 

 

「    ?    そんな隅っこで何してんの?・・・・・」

 

 

だぶんikeママンの顔は真っ赤だったと思います

自分の人生でこれほどあせったことはありませんでした☆

 

 

 

どうしよう・・・

 

 

 

うまく言い訳ができません

 

 

 

 

「・・・・・・?誰か おるのぉ~?」

 

 

M子がズカズカやってきました

 

 

バッッとベージュのカーテンがめくれました!!

 

 

 

 

 「あっっ!!!   405 」

 

 

 

 

そこには     

 

 

 

 

 ikeママン以上に全身首まで真っ赤になった  N君がいました    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Next    No7

 

 続きを読む  No 7 (ラブソングに魅せられて )

 

 

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

00 : 11 : 35 | ikeママンの初恋☆No 6 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ikeママンの初恋☆No7 | ホーム | ikeママンの初恋☆No 5>>
コメント
ああ、
純だねぇ。
俺にもそんな頃があったなぁ
...( = =) トオイメ

いや!今でも純だけどね
(Ψ▽Ψ*)イヤン♪
by: のぶちん * 2009/03/26 10:19 * URL [ 編集] | page top↑
☆のぶちんさん☆

いやん♪
今も純なのお~♪
中学だといろいろさせたくても
これが限界なんですよ~♪
って・・・・・
何するんだよっ!!

by: ikeママン * 2009/03/27 22:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikemaman.blog95.fc2.com/tb.php/6-b4992c0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。