スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

二十の再会☆No24

  

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

 

 No  24  (星空のビリー・ホリディ)


  

 

 

 

 

 

「第一回!

陣地取り花火ウォーズ~~~!! 」

 

 

 

うぉ~~~!!!429352

パチパチパチッ!!

 

 

N君とたけしが額にタオルをハチマキのように巻いて

仁王立ちで叫びました

そしてそのハチマキにはロケット花火が2本挿さっていて

どうやら二人は昼間のビーチバレーの乱闘の

決着をこの花火でつけようとしていたのでした

 

 

「せいれ~~~つ!!! 」

 

 

たけしがビジッと言いました

たけしはハチマキにロケット花火を突き刺し腕を後ろにくんで

軍隊のような口調で話しはじめました

 

「 諸君!!敵は守りを固めはじめた!

もうひといきで敵は我が軍におちるっ!!

今から 隊長のありがたい話しがある!

心して聞くように!! 

それでは・・・・ 隊長・・・・我が軍の兵隊に

一言どうぞ・・・ 」

 

 

 

「・・・・うむ・・・・ 」

 

 

 

N君が後ろに手を組んで軍隊のようにツカツカ歩いてきました

そしてN君の頭にも額にハチマキ・ロケット花火が挿してありました

N君はikeママン達に向かって真剣な顔で言いました・・・・・

 

 

 

「 すまんが・・・・みんなの命をくれ・・・・  」

 

 

 

「 ブライト? あれブライトのセリフやんかっ! 」

 

 

「 うん・・・・ガンダム好きやねんね・・・・ 」

 

 

 

「 なぁ・・・・そろそろバカらしくなってきたんやけど 

このバカ騒ぎに

うちらが付き合う義理はあんの? 」

 

 

 

M子がうんざりしながらikeママンに言いました

 

「同感やわ・・・・適当に抜けてシャワーいこか・・・・ 」

 

 

 

まーくんに好感を持っていたK子は

さっさと敵軍まーくん隊に行っていまいましたし

のこされたM子・ikeママン・たけし 他走り屋チーム数人

がN君の軍隊にムリヤリ所属されてました

陣頭指揮はやんちゃ代表で

もちろん気合いバリバリのN君でした

 

「 ねぇ N君・・・・ゆみちゃんは? 」

 

 

「 あいつは車の中や 

花火があたって火傷したら危ないやろ?

だから 非難させたんや!  」

 

 

 

・・・あたしらは 火傷してもええんかよ・・(#`-_ゝ-)

 

 

 

その時さっそく第一陣まーくん部隊からの攻撃が初まりました!

 

 

ヒューンッ!!ヒュンヒュンヒュン!

 

 

 

ロケット花火が矢のように飛んできました!!

 

 

「 うわ~~っ!! 」

 

 

「 ギャーーー!! 髪こげた~~?? 」

 

 

「 何? くっせ~~!! 」

 

 

「 ひるむな!! こっちも攻撃や!! 」

 

 

さっきまで 皆で囲んでカレーを食べてた

おおきなスチール製の

レジャーテーブルを盾にして隠れ

ikeママン達は次々にロケット花火に火をつけて 

それをN君達が

まーくん部隊のいる陣地に投げ込んでいました 

 

 

「 どんどん! 投げろ!総攻撃じゃ!! 」

 

 

N君が本当に嬉しそうに叫びました 

また一本のロケット花火がikeママンの頭上をかすめました

 ※(注) あぶないんでマネしないようにしましょう!

 

 

 

「 もうイヤーッ!あたし いち抜ける!! 」

 

 

「 あっ 俺も!俺も! 」

 

 

「 ゆび火傷した~~!! 」

 

 

ここらへんがしおどきだとikeママンもみんなに続いて

抜けようとした時でした 

ikeママンの顔の脇を何か熱い物が

飛んできて目の前に落ちました 

真っ暗闇に導火線がバチバチ火花を上げていました!

 

 

「 バッ!! バクチクっ?? 」

 

 

 

 

 何でこんなものまで~!!

 あぶね~っ!Σ(゚∇゚|||)

 

 

 

 

 

ikeママンは火傷をするのを覚悟したときでした!!

N君がどこからともなく飛んできてバクチクを蹴り飛ばしました

 

 

 

パーン!!313

バチバチバチバチッッ!420

 

 

 

 

「大丈夫かっ! 」

 

 

N君が笑いながらikeママンの頭をつかみ引っ込めさせました

二人に向かって2本のロケット花火が飛んできたからでした

何本ものロケット花火を受けてすっかり表面のこげた

レジャーテーブルの影にかくれて

今や敵軍と戦っているのはikeママンとN君だけでした

みんなテントで休憩しながら 遠まきに

この様子を笑いながら見ていました

 

 

「なぁなぁ これ♪ 」

 

N君が30連発の打ち上げ花火を手にニカーッと笑っていました

 

 

「 ホンマ楽しそうやな359 

 

 

「俺が突撃したらお前みんなの所に走って逃げろよ! 」

 

 

「 ラジャ!218 

 

 

そしてN君が勢いよく 盾になってるテーブルを蹴り倒し

まーくんにむかって行きました

最初逃げてたまーくんも途中で形勢逆転し

今度は N君がまーくんに打ち上げ花火を向けられて

追いかけられていました

 

N君がアチコチに飛ぶまーくんの連発花火を

ジャンプしたりして本当に器用に交わしているのを見て

みんな大笑いしていました

 

 

※(注) 20歳の大人が本気で遊んでいます!

くれぐれもマネしないようにしましょう

 

 

 

「 あ~~~ビーサン溶けて穴あいた~! 」

 

 

 

「 アホやな~ それじゃ歩けないやん!

そこのコンビニで買ったるわ!ほらっ!いくでっ!たけし! 」

 

 

 

「 ガリガリ君も買って~♪ M子ちゃ~ん♪ 」

 

 

たけしとM子はみんな見えなくなった所で手をつないで

コンビにまで歩いていました

それを見てK子とikeママンは顔を見合わせて笑いました

どうやら あの二人はうまくいきそうでした

大騒ぎの中 初めて経験するとっても楽しい夜は

波の音と共にふけていきました・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ザザン・・・・    ザーン・・・ザン

 

 

 

 

どれぐらい時間が過ぎたのでしょう?

ikeママンは波の音に目が覚めました  

同じテントの中で M子・K子が熟睡していました

ikeママンはBaby Gの腕時計を見ました

 

 

「 3時・・・・・か・・・・・  」

 

 

普段ならこの時間は「zip 」 で働いている時間です

 

 

 

 

  こんな時間に寝れるわけないなぁ~

  アカン・・・・ 髪 メッチャ火薬臭い・・・・

  シャワー行こ・・・ 彡(-ω-;)

 

 

 

テントから少し歩いた所にある簡易的なコインシャワー室は

こんな時間だけに誰もいませんでたし 

やっぱり電気はついてても

不気味だったので急いで髪を洗って汗を落としました

 

 

 

 

 

ザザン・・・・    ザーン・・・ ササァ・・・・・ン

さっきより波は少し高くなっていました

 

 

 

 

 いや~~ん なんか怖なってきた~~

  早よもどろ・・・・ (((=ω=)))ブルブル

 

 

 

シャワー室から出た所でikeママンの前に突然人影が現れました!

 

 

 

「 キヤッ! 」

 

 

「 うわっ?? 

びっくりしたぁ~~!! 」

 

 

 

ikeママンの前に立っていたのはN君でした!

 

 

 

「 お前かっ!ビビらすなよ~!!なんでこんな時間に?? 」

 

 

 

 

「 N君こそ!!」

 

 

 

 

「 俺か? 

俺は髪の毛が火薬臭くて寝られへんかったから・・・ 」

 

 

 

「 あたしも・・・・ 」

 

 

 

 

 二人は一瞬見合って笑いました

濡れた髪の毛に首にタオルがかかっていて

N君の手には缶ビールがありました

 

 

 

 

「 まだ 飲んでんのぉ~~??(笑) 」

 

 

 

 

「 あれは寝る前の一杯♪ これは寝起きの一杯 ♪ 」

 

 

 

ikeママンはおかしくて笑ってしまいました 

N君も上機嫌で笑っていました

 

 

 

 

「 ・・・・・あの ・・・・ ゆみちゃんは? 」

 

 

 

「 お前って! 

俺の顔見たら そればっかり! 寝てるよ!

さすがに この時間やからな!  」

 

 

 

テントに向かってikeママンとN君は

しばらく歩き出しましたが

ちょうど 別れる分岐点でピタッと止まりました

 

 

 

 

「 あ~・・・・ それじゃ・・・・  」

 

 

 

 

「 ・・・うん・・・・おやすみ・・・  」

 

 

 

 

 

ikeママンはゆみちゃんが寝ているテントの方に向かって歩いていく

N君の背中をみて 胸が押しつぶされそうになりました

明日になればもう彼に逢えなくなります・・・・・

 

 

 

次に逢う口実すら思い浮かばないikeママンのこの寂しさは

言葉には言い表せませんでした 

 

 

 

 

   ・・・・もう・・・・逢えない・・・・・

 

 

 

 

 

せつなくて・・・・

 その場に立ちつくしたまま・・・・・

うつむいて涙がでるのをこらえていました

 

 

 

 

 

ザ・・・・・ン    ザザァ・・・・ン   ザザーン

 

 

 

 その時 テントに向かっていたN君が足を止め

クルッと振りむいて言いました

 

 

 「 おいっ! 上見てみろ 」

 

ikeママンは言われるがままに砂浜の夜空を見上げました

 

 

 

 

 

 

 

「 う・・・・わぁ~~~!! 」

 

 

 

夜空には満天の星が浮かんでキラキラしていました

 

 

 

 

「 なに? これ~~?超きれい~~☆ 」

 

 

 

 

「大阪じゃ こうはイカンなぁ~ 」

 

しばらく ikeママンとN君はその場に立ちすくんで夜空を見上げていました

 

 

 

 

ザ・・・・・・ン    ザザ・・・ン

 

 

 「 マジ 降ってきそうやな・・・・・  」

 

 

 

 

「  うん・・・・   」

 

 

 

 

「 あんまり キレイやから・・・・・  」

 

 

 

 

N君はikeママンにほほえんで言いました

 

 

 

 

 

 

 

 

「 少し 歩くか? 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その言葉にikeママンの心は踊り

おもわずN君に駆け寄りました・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


  

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

06 : 52 : 36 | 二十の再会☆No24 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<二十の再会☆No25 | ホーム | 二十の再会☆No23>>
コメント
星空の・・・
サザンですなぁ~♪久しぶりに聴きたくなってきた。

男子のバカっぷりが上手く書けてて楽しいです。ロケット戦争、懐かしいっすね。

しかし、Nくんも罪なやつだ。
彼女置いて遊びまくったり、ikeちゃんと星空デートだなんて。

次回、ちゅーぐらい、いいんじゃねえの?
楽しみにしてまっす♪
by: あつこ * 2008/07/24 07:48 * URL [ 編集] | page top↑
うぉぉおおお♪
ゆみちゃんなんて蹴散らかしてしまえ~~~。
ikeママンにポチで応援♪
いいねぇ~。
夏だねぇ~。
青春だねぇぇぇええええ~~~。
by: いっし〜 * 2008/07/24 08:06 * URL [ 編集] | page top↑
わーっ!わーっ!!!

(〃∀〃)


超~~~ロマンチックぅぅぅう・・・
(*´∇`)ポヤーン



思わず ゆみチャンの存在忘れちゃうね~~。笑


ウチも 久々に創作意欲が沸きました。爆


ポチポイ♪
by: 瑞 * 2008/07/24 11:15 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちわー♪

いえすっ!
そのまま散歩だけじゃなく、地の果てまで行っちゃって下さい!
どこまでも甘い二人の世界へ・・・・

ポッ❤

でも何でなのかな~。
どう考えてもN君とikeママンさんの方がお似合いだし、気も合うと思うんだけどな~。

何でN君はゆみちゃんと付き合ってるのかな?

まぁ、そこが男女関係の不思議なとこなんでしょうね。

では、また遊びに来ます!
応援×3!
by: NIKIandNORA☆ * 2008/07/24 18:35 * URL [ 編集] | page top↑
夜空の星は知っている
もうすぐお別れというときに、N君もikeママンの気持ちに気づいたのでしょうか?
それともN君も同じ気持ちだったのか・・・。
夜空にまたたく星たちは、この恋の行方をしっているのだろうか。
がんばれikeちゃん、最後のチャンスだ!
by: たくたくろ * 2008/07/24 19:53 * URL [ 編集] | page top↑
☆あつこさん☆
そうでしょ~(笑)
もうなんかNね!
やりたい放題ですね~!!
だれかコイツを止めてくれって
感じですよ!!
遊び好きの男性を好きになったら苦労しますね~(笑)
さぁ ここからが本番です!!
次回も見に来てくださいね♪
by: ikeママン * 2008/07/25 08:25 * URL [ 編集] | page top↑
☆ いっし〜さん☆
おお~~!!
いっし~さんは断然ikeママンよりですね!!
ありがとうございます~☆
嬉しいです~~☆
かなり 興奮されているようで
そのテンションを次回まで持続してくださいね~☆
っつって・・・次回で駄々下がりやったりして・・・・・
by: ikeママン * 2008/07/25 08:27 * URL [ 編集] | page top↑
☆ 瑞 さん☆
瑞さんの創作意欲の起爆剤になれて
嬉しいです~☆
なんか刺激を受けるものに出会ったら
書きたくなりますよね~☆
伺いましたが 
なかなか瑞さんの恋愛小説も
いや~~ん♪)ってなれますよ~♪
みなさんいったって~☆
by: ikeママン * 2008/07/25 08:31 * URL [ 編集] | page top↑
☆たくたくろさん☆

たくさんのコメントはそのまま
この物語のナレーションになりますね
そして なかなか ロマンチックです♪
あらすじかいてほしいぐらいです☆

さぁ ike最後のチャンスですがんばれ~!!
また 遊びにきてくださいね♪
by: ikeママン * 2008/07/25 08:33 * URL [ 編集] | page top↑
☆NIKIandNORA☆さん☆

いやん♪
いい感じ~でしょ??
さぁ ごいっしょに☆

あま~~~~~いいいい!!!
わははははは☆

さぁ ゆみちゃんとN君のエピソード
はこれからいっぱい出てきます~☆
またまた お楽しみに~☆
今 ikeママンもいろいろ模索中ですのでなんかとんでもない展開に自分ではなりそう~♪

いつもありがとう☆
あとでそっちに行きますね~☆
by: ikeママン * 2008/07/25 09:01 * URL [ 編集] | page top↑
N君罪な男~v-10
そんなことされたら、胸キュンどころの話じゃないですよぉ~v-238v-238v-238

それでもいつもゆみちゃんのこと気にかけてるikeママンさんが、ほんと切ないです・・・v-292

N君も絶対ikeママンさんに元気に遊べる女の子と一緒にいたいはずなのに・・・

神様~!!どうして!?v-12

応援凸
by: HIRO * 2008/07/25 11:17 * URL [ 編集] | page top↑
必然?
偶然とは思えな~い。有り得な~いツ♪
その待ち伏せしていたかのようなN君の
絶妙なカットイン♪
さすが♪出来る男はタイミングさえももはや、味方につけるのですね。
僕は、腹黒いので当然何もかもが裏目に。マネできねぇ~(笑。
マネをしようとしてる時点ですでに、ドス黒いですよね。えへっ♪
さぁ~て、僕も夜の道を歩いてきます。1人で。泣きながら。笑。
応援♪
by: くずよん * 2008/07/25 19:47 * URL [ 編集] | page top↑
☆HIRO☆さん

そうでしょ~♪
胸キュンでしょ~♪
本当にN君みたいな男は
一緒に楽しむことができる女の子
でないとかまってくれそうにないですもんね~♪
さぁ これから星空の下でどうなっていくんでしょうか?
続きまた 見に来てね~♪
by: ikeママン * 2008/07/26 08:12 * URL [ 編集] | page top↑
☆くずよんさん☆

あははは☆
できう男のカットイン!
おもろ~(笑)
一人で夜の道を散歩ですかぁ~??
では ikeもおともしま~す♪
また そっちも遊びにいくね♪
by: ikeママン * 2008/07/26 08:14 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikemaman.blog95.fc2.com/tb.php/47-b3de3d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。