スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの初恋☆ No2

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

 No 2    (  はじまりはあの時から  )

 

王子とルンルンでイトーヨーカドーでお買い物をしてる時にフと誰かに肩を叩かれました

肩をたたいたのは・・・・

ikeママンの中学時代の 初恋の人 N君 でした

 

「うわぁ~☆ひさしぶり~!!え~?」

 

 

「ひさしぶり~☆すぐ俺やってわかったなぁ~

俺もすぐわかったでぇ~!!」

 

 

 

 

20年前 ・・・・・・   黒い詰襟の制服の男の子が

ちょっとふっくらして  変わらない 笑顔でそこにいました

酒屋さんを経営してるそうなので毎日配達で走りまわっているせいでしょうか?

とっても日焼けした肌に 真っ白のナイキのトレーナーが映えていました☆

 

 

すこし突き出たおなかを見て  ikeママンが言いました

 

 

「・・・・・メタボ?・・・・・」

 

 

 

「おもろいやんけ・・・・久しぶりにあってそれかよ」

 

 

 

とあいかわらずの返しでした  このノリで私達はすぐ 打ち解けました☆

しばらく  私達は昔の話しや共通の友達の話しで盛り上がりました

そして 近々開催される 「ふれあい祭り」 の話しも 出ました

もうそんな時期かぁ~   と話しながら

 

 

 

 

ikeママンの心はまた20年前にフィード・バッグしていきました・・・・・・

 

 

 

 

 

実はikeママンとN君は結構 いいセンまでいったことがあります

 

 

 

 

そう・・・・あのことさえなければ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

「ふれあい祭り」  とは毎年5月に開催される 

ikeママンの地元では一番大きいお祭りです。

この町の住人なら誰もが一度は参加したことがある というもので

夏でもないのに 夜には花火もあがります  

 

 

 

 

 

 

20年前・・・

 

 

 

 

 

 

受験を控えた 中学最後のikeママン達にもこのお祭りが一大イベントでした・・・・

 

 

当時  ikeママンは友達のK子とM子と三人で花火を見に行く予定でした

花火があがるのは8時  私達は2時間も早く会場でスタンバッていました

 

何故かって・・・?

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

N君達を探すためです☆

(〃ω〃)テレテレ♪

 

 

 

 

 

 

 

女の子3人でキャアキャア いいながらもikeママンの気になることは

N君がどこにいるかと 当時大流行した聖子ちゃんカットの外巻きブローが乱れてないかです☆

 

ちょうどカキ氷を買っている時に

 

 

 

 

「何かおごってーや」

 

 

 

 

と後ろの方で声がしました。  

待っていた聞きなれた声に心の中でいっぺんに花が咲きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

N君でした!  キヤー☆

 

 

 

 

 

 

 

「ムリッ☆お金ないもんっ!」

 

 

と冷たく言い返したものの心の中では

 

 

 

 

うわーん!!会えた~☆うれし~

ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー

 

 

 

 

 

 

N君は一緒に来ていた 自分が所属してる陸上部の子達に

呼ばれ  すぐそっちに行ってしまいました

 

 

N君は当時 後輩の女の子達にけっこう人気があったみたいで

後輩のマネージャーグループがN君に話しかけていました

M子とK子がそれを見ていいました

 

「あのマネージヤー 絶対N君に気あるな」

 

「うん あれは まちがいないな!」

 

 

「やだ~~~!N先輩~もうぅ~   ε=ε=ε=(*ノ´Д`)ノ゚.+:。」 

 

 

 

 あまえた声で2年のマネージャーはN君にジャレていました

嫉妬だと思うんですが 当時の私は あの2年のマネージャーの子が

N君の前ではメチャぶりっ子なのがとてもハラが立ちました

 

 

 

花火も終わってもう帰ることにしました 

N君グループが近くにいるけど 

とてもじゃないけどあの陸上部の団体グループの中に入って行って

N君に話しかける勇気なんて  当時のikeママンにはありませんでした

N君は光るヨーヨをふりまわしていました

 

 

 

 

その時  

 

 

 

 「おーーい!○宮~!○宮~!(ikeママンの旧姓) 」

 

 

 

 

N君に呼びとめられました

 

 

 

「何?」

 

 

 

 

なんでこんな言い方しかできないのー?

わーん!バカーッ!

ゥェ―。゚゚(ノ´д`ヾ。)゚゚。―ン

 

 

 

 

 

こんなときあの2年のマネージャーみたいにぶりっ子できたらいいのになぁ~

ちょっと高い声だして口元に手をやって

「もーいや~ん~~」とか・・・

 

 

 

アカン・・・キャラじゃない・・・

 

 

 

「って聞いてんのか~?おいっ」

N君の声にハッとしました

 

「えっごめん何?」

 

「何ちがう世界行っとんねんっ!!

そっちの道 竹田先輩(仮名)が 検問 やってる! ヤバイぞっ!」

 

「えっ?マジっ どーしよ~? K子とN子は?」

 

「俺の連れがヤバイから送って行った!

ほらっ お前もここおったらヤバイぞっ 行くぞっ!」

 

 

竹田先輩達というのは 去年卒業した先輩の中でも

学校に行ってない プータログループで

大阪でもヤンキー普及率の多いikeママンの町で

中でも人を半殺しにいたとかいうこの竹田先輩

 

先日鑑別所を出てきたばっかりの ヤバイ 先輩で

この先輩が行う(検問) とは同じ中学の後輩を見つけてはお金から

チャリからすべて身ぐるみはがされる とてもコワ~イ検問なんです

 

 

 

「こっち!はよお前チャリとってこい!」

 

 

 

あわわてて自転車に乗ってN君のあとをついていきました

 

 

 

これって・・・・

 

 

 

 

 

 

 

ふたりっきりやん・・・・・・ 

 

 

 

 

 

 

ikeママンの心臓はドキドキしていました

暫くして自販機の前でジュースを買おうということになりました

 

ikeママンが自販機のジュースを選んでいる時に

N君が何かいいかけました

 

「なぁ・・・・お前 好きなやつおるん?」

 

 

 

 

 

 

 

いきなりっすかーーっ??

キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!!!!!

どうしよーーっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・おるよ・・・・・」

 

 

 

 

 

 

あんだっつーのっっ!!(`Д´*)q

 

 

 

ikeママンの心臓はドキドキしていました

時刻は10時前・・・

帰らないと怒られるかなと脳裏によぎりました

 

 

 

 

 

  が 

 

 

 

 

 

 

 

この状態で帰れるわけがありません!!

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

 

 

 

 

 

 

「ふーん」

 

 

 

「ふーんて何よっ!!そういうN君は?好きな子おるん?」

 

 

 

「まあな・・・・俺はおるような・・・おらんような・・・」

 

 

 

「はぁ~?何でそんな中途半端なん?言えっ 言わなドツクでぇ~?」

 

とikeママンはハラがたってN君をパンチしました

 

 

 

「うわっ!お前っっ!やめろやっっ!」

 

 

 

私をふりはらおうとN君は私の手首をつかみました!

 

ikeママンはまたそれをはらおうと もう片方の手でN君をどつきました

 

その手をまたN君につかまれました  両腕をつかまれ

でもikeママンはまだパンチしようとしてました

 

 

 

 

 

「ちょっ!ホンマやめろって!

やめてっお願い!わかったって!

言うよ!言います!好きなヤツ!

だからやめて!お願い!」

 

 

 

 

 

 

ikeママンはドキリっとしました

 

 

 

 

 

・・・・私?・・・・

 

 

 

 

 

 

N君が好きな子って・・・・?

ああっ でも あの 2年の後輩の子だったら どうしよう・・・?

 

 

両腕をつかまれたまま 心臓がドキドキしすぎてikeママンはN君の

顔がみれません・・・・・

 

 

 

 

 

 

「あのな・・・・・俺な・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 二人の間に緊張が走りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N君!  私って言って・・・・・・

 

 

 

 

 

 

ikeママンは勇気を出してN君の顔をみました

N君はじっとikeママンを見つめていました

同じクラスになって初めてこんなに長く目が会いました

 

 

 

 

 

N君の優しそうな・・・ 

 

少しタレた目が自動販売機の光に反射しています

思えば同じクラスで初めて話しかけられた時から

ikeママンはこの目にまいっていたかもしれません

 

 

 

 

 

 

にぎりしめられていたN君の手に 少し力が入った気がしました

N君が何か言いかけたとき・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そのとき

 

 

 

 

 

 

「Nやないけぇ~~~~お前こんなとこで何イチャついとんねん」

 

 

 

 

背の高い4~5人の男にikeママン達は囲まれていました

 

 

 

 

シンナーの匂いがプンと鼻につきました 

 

ikeママンはギクリとしました 

 

 

なぜって? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹田先輩達だったからです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 No 3  ( 離れる 心 ) 続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 

 

スポンサーサイト
23 : 30 : 00 | ikeママンの初恋☆No2 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<ikeママンの初恋☆No 3 | ホーム |
コメント
あいらです♪
初恋NO.2読みましたぁ~♪
すご~く気になる~

どうなるのかなぁ~???
続きは明日見るぴょ♪(≧▽≦)
by: あいら * 2008/06/13 19:02 * URL [ 編集] | page top↑
読み始めましたよ(ニヤリ)
ええー!すごいいいとこだったのに!
by: レオン * 2009/03/01 11:40 * URL [ 編集] | page top↑
☆レオンさん☆

まぁ わざわざありがとうございます
どうぞどうぞ
読み進めてください~☆

by: ikeママン * 2009/03/09 09:23 * URL [ 編集] | page top↑
あああ
良いところだったのに・・・(T_T)
人の恋路を邪魔する奴は・・・

もしかしてこれから怖い話になる?
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
by: のぶちん * 2009/03/09 14:14 * URL [ 編集] | page top↑
☆のぶちんさん☆

よんで下さってありがとうございます
のぶちんさんも
恐い?ikeも恐いです~~☆☆
どうか ハラハラしながら読みすすめてくださいね~☆

by: ikeママン * 2009/03/09 20:54 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikemaman.blog95.fc2.com/tb.php/2-ee7aff3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。