スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの初恋☆No16

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

No 16  (  15の朝   )

 

 

 

 

「なに やっとるんや!! はよ 帰って来い!! 」 ガチャンッ!!

おとうさんが電話をとったのは もう午前4時を超えていました 

 

     ああ・・・やっと帰れる・・・・

 

ikeママンは質素な事務机の上の電話を切り 

紺色の2tトラックに駆け寄りバカンっとドアを開けました

すると トラックのシートに横になって 無防備に寝てる男の子がいました 

ikeママンは暫く男の子の寝顔をみていました ホッペをつつくと 

  

「う~~~ん・・・」

 

と寝返りをうち  ポリポリつついたホッペを掻いていました 

 

「N君・・・・ ねぇ  N君  起きて 」 

 

ikeママンは本当に起こすのは偲びない気持ちでいっぱいでした 

でも  こんな所より帰ってちゃんとお布団で寝たほうが絶対良いと

思っていたので  N君の体を軽く揺さぶって起こしました

 

「ん~~~~~?      本物・・・・? 」 

 

半分目をこすりながら ikeママンをボーッと見てN君が言いました  

 

 

     夢だとおもってる・・・・? かわいい~ 343

 

 

突然N君がガバッと起き上がりました! 

 

 

「  わぁ!!   びっくりした!  」

 

 

「  俺  寝てた?    どれくらい? 」

 

ぴょんっと 2tトラックからN君はとても寝起きとは言えないぐらい 

軽いフットワークで飛び降りました

 

 

「う~~んと・・・3時間くらい? 」    

 

 

「そんなに???!!お前 なにしててん?? 」 

 

 

「  大丈夫!私もちょっと寝たから!

それに 今 お父さんやっと電話つながったわ!  」 

 

 

寝たのはウソでした!ずっとN君の寝顔をみていました

それはもう10年分ほど忘れられないぐらい

記憶にかわいいN君の寝顔を刻みました 

 

 

「・・・・そ・・・・そうか・・・・ じゃぁ・・・・帰るかっ!!」 

 

 

「  うん!  」

 

 

倉庫の電気を消してN君がシャッターを閉めるとき 

なぜかikeママンは少し寂しさを感じました 

雨は止んでいました 東の空がうっすらと白くなっていて 

N君の自転車の後ろに乗って昨日からの出来事を思い出していました

 

 

一生の思い出になる経験でした

まるで宝石のような思い出でした 

きっとikeママンはこの経験を大切にするだろうと思っていました 

そう 誰にも言わずに・・・・・

 

 

N君と別れて 家に帰ると玄関は開いていました

お父さんにキレられる前に逆ギレしてやろうと

ikeママンはちゃんと作戦を練っていたので

 

 

「なんで 電話でてくれへんかったのよ!

一晩中かけててんで!M子が泊めてくれへんかったら

あたし野宿する所やったんよ!!

もう お父さんお酒やめて!!」

 

 

ピシャン☆とふすまを閉めて

自分のついた大ウソにちょっぴり罪悪感がありましたが 

それよりもN君のことで頭がいっぱいでした

 

 

学校に行く時間まで一眠りしようと思っても全然寝れません!

目をつぶればikeママンの中はN君であふれていました 

家にいる間 さまざまな考えがピンポンゲームのように飛びまくってたので

少し早いけどikeママンは学校へ行くことにしました

寝不足で少し体はダルイけど頭は冴えていました

 

登校中にM子と会って 夕べ見たフミヤと過ごした一夜のアバンチュールの夢を

一生懸命聞かせてくれました 

これまではそれをただうるさく思っていたのですが

今日は自分が満たされているので 余裕をもって聞けました

 

 

 

家庭科室に寄っていくM子と階段の踊り場で別れ 

教室に行くとゲタバコの前にN君がいました 

来たばっかりのその様子はikeママンと同じでずいぶん早い登校でした 

 

「 お・・・・・おはよう・・・ 」 

 

これがikeママンが口にした精いっぱいの一言でした

 

 

なぜでしょう つい数時間前まで一緒にいたのに

N君に声をかける時はいつも新鮮で緊張します

N君の反応はありませんでした 

もう一度自分の存在をハッキリ示すためにikeママンはのぞきこみました

 

 

 

「 おはようっ!! Nく・・・・   !! 」

 

 

ikeママンは口がきけるようになるまでたっぷり10秒かかりました 

そして言葉がみつかるまで さらに10秒

 

 

「  どっ!!・・・どうしたん?  その顔!!」 

 

 

 

なんと N君の右の目の下に真っ青な殴られたあとがありました 

青紫に膨れあがったその頬は見ただけでも痛そうでした 

 

 

「・・・・・殴られた・・・・兄キに  朝帰りなんて10年早いんじゃ! て 」

 

 

 

開いた口がふさがりませんでした 

そしてN君が殴られた理由が自分のせいだとハッキリわかりました 

 

 

「 あっ あたしっ!

N君のお兄さんに説明しにいくわ!!

N君はただっ!一晩一緒にいてくれただけっ・・・・

ムグッ・・・・356

 

 

「 シーーッッ!! アホッ!

誰かに聞かれたらどうすんねん!!」

 

ikeママンはN君に口をふさがれました 

ドキンとしましたがすぐ冷静になって言いました

 

 

 「ご・・・・ごめん・・・でも・・」 

 

 

「よけいなことせんでええねん! それにお前がでてったら 

よけいややこしくなるやろ! せっかく俺が考えた完ペキな言い訳したのに・・・・ 」  

 

 

「 完ペキないい訳? 何て言ったの? 」 

 

N君はこれ以上ないっと言ったぐらいに得意気に言いました  

 

 

「自分探しの旅に出てた! ハラが減ったから帰ってきた! 」

 

 

「 ・・・・・・・・ 本当に・・・・・それ言ったの?・・・・」 

 

 

「 ああ!!完ペキやろっっ! 」

 

 

「プッ アハハハハハ~ッッ!! 411 」 

 

 

「 笑うなっ!! 」  

 

 

N君はみるからに憤慨していたけど 

ikeママンはこらえきれずに大笑いしてしまい 

とても温かい気持ちに包まれていました  

 

天高く馬肥ゆる秋とはよく言ったもので  もうすぐ衣替えの時期 

けだるい午前の授業が終わった昼休み

K子がM子の席の前に向きを変えて座ったときに

おもしろいものを見つけた目で言いました 

 

「 なぁ・・・・・・あれ  見てみ   」   

 

両手を手ぐしでかきわけ髪をフワッとさせるのに夢中のM子が 

 

「  んあ~~~??」

 

 と振り向きました 

 

「まぁ~~~~仲の良いこって!!」 

 

 

K子とM子は イヒヒヒ238 と笑いました!!

 

 

教室の一番後ろの席 二つ 

ikeママンとN君はお互いの机にうつぶせになって爆睡かましてました

 

 

 

 

二人は眠り続けました 

 

 

 

 

次の授業で 先生にタタキ起こされるまで

幸せそうな寝顔で・・・・

 

 

 

 

窓から差し込む日差しが いつまでも二人を照らしていました  

 

 

 

 

それは とても 温かく・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつまでも・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            ikeママンの初恋シリーズ☆

                 「 完 」

 

 

 

 

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

 


 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

05 : 51 : 18 | ikeママンの初恋☆No16 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ikeママンの初恋☆No15 | ホーム | ありがとう☆>>
コメント
えぇぇえぇぇえええええっ???
(ノ゜⊿゜)ノ
終わっちゃうのぉぉぉおおお?
なんて身勝手な言い分ですが。
あはは。とりあえず中学卒業するまで
見届けたかった(笑)
すんごくかわいい、かわいい、お二人だったのですね。
しかも自分探し…不┗┓ ̄旦 ̄┏┛
本当に小説のようでした。
お二人がなんで別々の人と結婚されたのかそっちも不思議。
by: いっし〜 * 2008/05/27 08:45 * URL [ 編集] | page top↑
読破
ikeママンさん

お疲れさま~

そして、ありがとうございます。

つづくの文字が毎回良いところで、来るのですよね

そして、今日は「つづく」のかわりに「完」・・・・。

なんだか自分の初恋も終わったような気分です。

また次回作でお会いしましょうね。
by: sofia☆ * 2008/05/27 23:55 * URL [ 編集] | page top↑
お久しぶりですぅ~♪
いつも遊びに来てくれてるのに、私はなかなか来れなくて...
ごめんなさい(´;ω;`)

まとめて読んじゃった~(ノ∀`*)
やっぱり小説みたいな綺麗な情景描写♪
私、完璧にikeママンサンのFANやわ~☆

初恋物語、もう終わっちゃうの~??
「はたちの再開」は別シリーズ?
次回作も首長くして待ってますよぉ~d(゚∀゚*)

まとめてポチ×∞しておきますね(笑)
by: 翔 * 2008/05/31 20:01 * URL [ 編集] | page top↑
えぇ~!
久しぶりに来て(失礼っ)楽しみながら見ていたら・・・

終わっちゃった~v-405

ちょっ、まだ続くんですよね??
もうちょっと、昔の気持ちや思い出に浸っていたかったですv-409

きっとまだ書き足りない事があるはずっ!

付け足しやその後があったら読みたいですv-355

(しつこいっv-356

とりあえず、お疲れ様でした!
毎回楽しく拝見させて頂きありがとうございましたv-410
by: カズ兄さん * 2008/06/01 00:32 * URL [ 編集] | page top↑
おひさしぶりですっ!
相変わらずどきどきさせられますね~!
応援ポチ☆
by: はちみつカフェ * 2008/06/01 23:01 * URL [ 編集] | page top↑
はじめまして
はじめまして!!
あるサイトでこのブログを知って、、
初恋シリーズ全部読みました♪
おもしろかったです!
実話なんですよね?
すごい☆
私は中3ですがまわりにN君みたいな大人っぽい男の子いないです笑
楽しませていただいて本当にありがとうございましたッッ
by: なな * 2008/09/02 15:23 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikemaman.blog95.fc2.com/tb.php/18-06873f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。