スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

純情な感情編 No2 

ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

  にほんブログ村 恋愛ブログへ



  


   


第3章 純情な感情編


No2 ( 誰を思う? )










 ワン・ツー! ワン・ツー! 



  ハイッッそこで飛んで!! 

  まわる! っ! そこよっ!

  ハイ 逆さま開脚っ!!   」






「ぎゃーーー!!っ

マジ こわ~~いっす~~ ヽ(*'0'*)ツ!! 」






秋も深まり・・・・・

真夜中には肌寒い頃 ここ深夜の 「ZIP」 で

ikeママンは新しく天井から設置されたポールにつかまり

逆さまに宙釣りにされていました





「 ちょっと!ike! 

  もっとマジメにやんなさいよ!

  本番のハロウィンパーティーまでもう一週間しかないのよ!



  皆 必死で練習してるのに

  アンタだけ今だにサマになってないじゃない! 」






ミナミの超人気ニューハーフショーパブのダンサー件振り付け師の


(通称)ジェニーさん


がどんくさいikeママンに指を指し腰に手を当て

シビレを切らせて怒っています






「 そんなこといったって これ逆さはマジムリですっ゛(`ヘ´#)

  恐すぎですよ!

  お店終わってから

  ぶっ通しなんで少しは休ませてくださいよ! 」





ikeママンもブチ切れてポールにもたれ反論しました

ここ数日だけでポールに巻きつきすぎて

内太腿は青あざだらけですし

振り付けを覚えるのに高いヒールは足にもかなり負担がかって

マメだらけでした




「 口ごたえはもっとマシに踊れるようになってからにしてちょうだい!

 もっとセクシーに!いい?

 このポールは愛しいアンタの男なのよ!


 その男をアンタは全身で誘うの

 体を使って男をその気にさせるのよ!女心全快よ!

 誘うのよ!  」





「 さぁさぁ ちょっと休憩しようか

ikeちゃんもジェニーちゃんもご苦労様! 」





マスターが飲み物を持ってくれ

今にもケンカしそうな勢いの二人の間に

仲裁に入ってくれました





「マス・・・ 」


「カズちゃん!! (マスターの名前) 





ジェニーさんはマスターに駆け寄りました




「 聞いてよ!!

 ikeったらこんなに飲み込み悪い子みたことないわっ!!

 この子についてる 乳と尻はかざりよっ!! 

 色気まったくなしっ 

 もうあたし自身なくなっちゃって~~~」






巻き毛を振りかざし 

泣きまねをしてジェニーさんはマスターに

抱きつきました








・・・・・あんたの乳のほうが飾りじゃねぇーかよ!

   本名(よしお)のくせに!

  高校の時 野球部だったくせにっ!


          ゛(`ヘ´#)








ikeママンはムスッとして反抗心まるだしでした

ジェニーさんは厳しすぎてikeママンはとても好きになれませんでした

それに とてもキレイなこの人は

お客の前では精霊のように美しいのに

本性はすごいヒステリーでとっても口が悪いのです





「 まぁ まぁ ジェニーちゃん あんまり興奮すると

 女性ホルモンが効かなくなるよ


 ムリはいうけど

 うちのハロウィンは本当に楽しみにしてる人が多いんだ

 だから プロの仕事してくれるジェニーちゃんに頼んだんだよ

 さぁ これを飲んで頑張って  

 終わったら何か食べに行く?  ん?  何でもいいよ?  」

 






マスターはジェニーさんの腰に手を回し

頬をそっっと撫でて言いました

まんまとマスターワールドに

はまったジェニーさんが落ち着きを取り戻していいました





「 ええ  ええ  そうね・・・・・

  私少し興奮しすぎたみたい・・・・

  ikeがあまりにも バカで振り付けを覚えないから

  私ったら そうね・・・・ 

 

  ikeにはもっとスタンダートな曲の方がいいかしら?

  若いからUPテンポで激しく踊らそうとしてたけど

  この子のダルさは返って

  切なげな雰囲気のほうが会ってるかもね・・・  」





「そうそう  その調子♪  」



マスターがジェニーさんの機嫌を取りながら 

 彼女?彼?に見えないように

( お願い ) と両手を合わせて 

必死でikeママンに合図を送っていました






あ~あ しょうがないなぁ~!

これも仕事かぁ~・・・・・・(`ε´)







「 ちょっと! ike! これで一回好きに踊ってみなさいよ! 

  この曲は 

  離れていった恋人に戻ってきてと呼びかけてる切ない歌なの

  いい?

  あんたの その全身を使って 愛しい男を取り戻すのよ!  」






ホールに流れてきた曲は 

当時一世を風靡した ジャネット・ジャクソンの


「Come back to me 」でした


ikeママンはドキッとしました 

なぜなら 

この曲はあの切ない海からikeママンが気に入って

ずっと 聞いていた曲だったのです







☆よかったら聞いてみて~ (クリック)

「Come back to me 」




「 ikeちゃん♪ 俺のこと思って踊ってね~っ♪ てイテッ! 」




ふざけるマスターのお尻をジェニーさんがつねりました

ikeママンは再びポールの前に立ちイメージを作り上げようと

ポールをジッと見つめました







これが愛しい男・・・・・・

イヤだな~~~こんなガリガリ ( ̄^ ̄)







また 目を閉じればフラッシュバックで浮かんできます・・・・

毎朝目が覚めると今日は彼のことを考えるのは止めようと決意します

あの人がどこで誰と何をしようと私の知ったことではない

そう 思い込もうとしていました

ikeママンはポールをつかみ

曲に会わせてゆっくりと旋回し出しました







Come back to me I'm beggin' you please
どうか 返ってきて 私を欲しいとどうか思って


I want you to
あなたが必要なの









ジヤネットの切ない歌声が耳に響いてきます

そして同時にあのN君の顔が浮かんできます

あの まなざし!

頭の中までまっすぐ見通して、どんな秘密もくまなく

見透かすような瞳・・・・・

首筋に流れる汗・・・・

鎖骨・・・・・そして 筋肉が隠された広い胸・・・・








Wherever you are I love you All my life I've waited
私の人生には貴方が必要 あなたを愛しているの


もTo see your smile again  In my mind I hated
もう一度 あなたの笑顔をとりもどすまでは・・・・







ikeママンはポールに体を摺り寄せ

腰をくねらせ絡み付いていきます








彼が私を望んでくれたらいいのに・・・・・・








あり得ないことを思いながら踊り続けました

気付くと観客席は暗くなっていて 

マスターもジェニーさんの

姿も薄暗く見えなくなっていました

ステージは明るいライトを照らされ 

ikeママンは自分とN君の妄想の中で夢中で踊りつづけました








パンパンパンパン!!






「 すばらしいわっ!! ike!! 

  やればできるじゃないっっ!! 」






 「ホントだ! すごい切なくてよかったよ~♪  」







いつの間にか曲は終わっていて

マスターとジェニーさんの拍手がお店に響いていました





「 この子にこんな才能があったなんて!


  ああっ  私もまだまだね! 

  これにアレンジを当てて

  曲の3フレーズ目をカットして・・・・ 

  そうだわ!衣装も変えなくちゃいけないわっ!  」






「 よかったね~! ikeちゃん 

  これなら 本番メインでいけるよ! 」






ハシャギまくるジェニーさんに 上機嫌のマスター・・・・











まだ 荒い呼吸を整えながら 

褒められたにもかかわらず

ikeママンはとても複雑な気持ちになりました・・・・・

















ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

  にほんブログ村 恋愛ブログへ



     






スポンサーサイト

テーマ:自作恋愛連載小説 - ジャンル:小説・文学

11 : 22 : 58 | ikeママンの純情な感情編No2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ikeママン純情な感情編No3 | ホーム | 純情な感情編  No1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ikemaman.blog95.fc2.com/tb.php/169-abf3a396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。