スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

GOD BROTHERS No44

 

~GOD BROTHERS~ 


NO44








 


金田兄ヒロシは泣いている自分の弟を眺めながら

テーブルに注いであったワインを一口飲んだ


コイツの情けない姿を肴に酒を飲むのは久しぶりだった




ヒロシはルカがよちよち歩きの頃から

精神と肉体面でさまざまに弟を操る術を心得ていた


ヒロシはルカに歩み寄り

肩に手を置きながら

物分りの良い兄

弟を心から信頼する兄の皮を一枚かぶった







「 なぁ・・・・・・・・


  ルカよ・・・・・・


お前が思春期に入って

 精神病院を出たり入ったりしていた時

一番  お前の傍でお前の世話をしたのは

  誰だ?                            」







ルカは小さく振るえながら答えた







「 兄ちゃんだ・・・・・         」








ヒロシは満足した

弟はなにをしでかすかわかったものじゃない

これまで意思の戦いではいつも

この兄が勝っていた

弟は軽率で注意力にかけている



さらにルカの顎を片手でもちあげ 質問した






「 そう・・・・・・

  お前にマスターベションの仕方を教えたのも

  女をあてがったのも 


  この兄だ   そうだろう? ルカ             」








この上なく優しくものかわりの良い父親が

息子に人生を語るように

ヒロシはルカにささやく







「 俺達はふたりでいつもうまくやっていた


  お前は俺の影になり

 

  俺の言うことを聴いていればそれでいいんだ


  また あの病院に連れ戻されたくはないだろう?     」







ルカは泣き叫んだ






「 イヤだ! 兄ちゃん! 

  

  俺をあそこに連れ戻さないでくれ!


  あそこは・・・・・あそこは・・・・・・・

  とても イヤなんだ・・・・・                  」






寒さをこらえるようにルカは自分の体を抱きしめ

床をみつめて陶酔している


もう一息で弟の自分に対する反抗心は消える

ヒロシはこの弟をマインドコントロールするのに長けていた







「 定期的に薬をのんでいるなら 大丈夫や・・・・・


  だが 

  お前が言う事を聞かなければ しかたがない・・・・


  だってそうだろう?


  あの坂上ヨシノのせいで 

  なんで俺達がケンカしなきゃいけない?        」





ヒロシは悪魔が囁くように続けた






「 ああ・・・・・かわいそうに   


  お前のこの耳・・・・・・・



  2年前に竹田と暴走で鉢合わせた時にうけたこの傷

  今でも うずくだろう・・・・・



  分かるぞ 弟よ・・・・・・

  どんなに竹田を憎んでも 憎みきれんやろう


  あの時竹田は俺を狙ってきた

  本当はお前がこんな目にあわずにすんだんだ



  飯田隼人は 竹田の右腕や・・・・・・              」








ヒロシは 先ほどの優しさとは裏腹に

憎悪に顔をゆがめて ルカに言った










「  次にあった時は


   飯田隼人と坂上ヨシノを殺れ!    」











ルカはじっくりこの言葉をしみこませた









「  ああ・・・・・・・


   次には必ず・・・・・・             」










「 それでこそ 俺の弟だ!


  血のつながりは何より強い

  お前は俺を裏切らないと信じているぞ



  さぁさぁ  辛気臭い話しはこれでなしだ


  いい女は沢山いるぞ!


  今日もこの兄がお前のために用意しておいたぞ


  ぞんぶんに楽しめ                       」








二人のいる

部屋のドアが開き 一人の女が入ってきた

コツコツとハイヒールの音が響き

金髪の女が尻を揺らし二人に近づいてくる

なまめかしく ルカを見る


兄が女に目配せをし

ルカにそっと囁いた








「 何をしてもいいぞ・・・・・     」









ヒロシが出ていったあと

女はルカに歩み寄り 

微笑をたたえルカの胸をそっとなでた








「 いろいろ 教えてね・・・・   」








香水がキツイ・・・・・・

いつものごとく兄がどこかで調達してきたのだろう

族にはこんな女が吐いて捨てるほどいる

胸は大きく腰もよく張っている

真っ赤な口紅は兄の好みそのものだった


ルカは女に歩み寄ると

顔を上げさせ やわらかい唇にキスをした









・・・・・・・








どういうわけか 

キスをしても少しも燃え上がるものがない









「 服を脱げよ  」









女はためらうこともなく 頭から 服を脱いだ

下着はつけていない

ふっくらとした肢体だった


ルカは乱暴に胸を揉みしだき

股間の茂みに手を伸ばした

あいかわらず 情欲にとりつかれた女は微笑を浮かべている

ルカは騙されたような気がした



乱暴に指を内部に押し入った


女は息を呑み 顔をしかめて痛がった


その時 女が痛みに喘いだとき 

ようやくルカの内部で欲望がうごめき出した






今ハッキリと脳裏に蘇る  あの顔・・・・・・

苦痛に顔をゆがませる ヨシノの美しい顔・・・・・







ルカは一層荒々しく指を使い

黙って 顔をしかめて苦痛に耐えている女の顔を凝視した


ずっと考えていた 何故自分はあの時 

ヨシノを犯さなかったのだろう

その理由が今だに分からない

ただ繰り返されるのは 

頭の中で自分をキツク睨むヨシノの瞳だった






意思の強そうなあの 自分を刺すような ヨシノの茶色い瞳






ようやくヤル気になったが まだ十分に勃起していない


そしてあろうことかまたこの女は微笑を絶やさなかった

女の笑顔のせいで立たないのだ

この笑顔をはがなくてはダメだ




ルカはしたたかに女の頬に平手打ちをくらわせた

叫びが上がり 

唇が切れて血が流れた






「 なにすんのよっっ!!  」







怒りのあまりに女の顔がゆがみ 自分を睨む






そうだ! その顔だ!!







自分には決して屈しないと言う堅い意思の顔

怒りにもえる女の顔

そして 恐れをしらず 

自分に向かってくる鬼神のような美しさ








ヨシノ! ヨシノ!








これは効果があった

暴れる女を押さえつけ ルカが覆いかぶさった






今はこれ以上ないくらい 興奮し勃起している









もう一度女を殴る












それからあとはうまくいった














                                 

































スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

21 : 23 : 31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

GOD BROTHERS No40


~GOD BROTHERS~ 


NO40










 おしてね☆







隼人が入ってきた瞬間 ヨシノは悲鳴をあげた


息が苦しく

身体は拒応なしにふるえている

隼人はヨシノの目を見つめながら

ゆっくり 奥につかえるまで 身体を沈めた

その大きさが身体の内側で感じられた

ぐっと押し入れられた瞬間

電気ショックのような痛みが全身にかけぬけた



これは すごい・・・・・


ヨシノは隼人の肩に爪を立てた




すごく太くて堅い

快感より苦痛の方が強い・・・・・・

入り口がヒリヒリする

ヨシノは思わず身体をひき なかったことにしたかった

途中でやめるといったら 隼人は怒るだろうか・・・・

それを悟ったのか 

隼人が腰をひいてヨシノの中からでようとした

「 辞めないで! 隼人! 」

 

ヨシノは彼の腰に脚をまわした

少し痛いけど 

心は拒応なしに高まり 絶対離れるのはイヤ

彼のすべてが欲しい

なにもかも

ヨシノにはそれが必要だった

隼人ならヨシノの恐怖を追い払ってくれる

こうしてると なにもかも忘れられる

見えるのは 隼人の優しい茶色い瞳だけ

この広い世界にたった二人だけつながっている・・・・・



ヨシノは隼人の力強い二の腕にしがみついた


しだいに痛みは薄れ

円をかくように深く貫かれるたびに

身体の奥で炎が掻き立てられ

ひと突きごとに潤って滑りやすくなった




貫かれるたびに 

ヨシノの今までの彼への思いにとらわれた



両親を亡くした

幼い頃の少年に対する哀しみと共感の疼き

慰めてやりたいという切なる思い

愛しく・・・・・

すべてを包み込んでやりたい母性のような愛

それこそが 

彼の動きの下に隠されていたまばゆい真実であった


うわべも裏もすべてが真実だ

怒りに燃えた恋人

哀しみにくれる少年

やさしく誘惑してくる男性

勇ましいゼファーに乗った鬼神


彼のすべてが欲しい

あたしは彼を愛している・・・・・・・


隼人が動きを止め 

ヨシノにおおいかぶさったまま

ぴたりと停止した


「 どうした? ヨシノ

  何を泣いてる? イタイのか?   」


その言葉で頬を伝う温かいものに気付いた



「 黙って 泣かせて・・・・        」



ヨシノは眼を閉じた

返事の変わりに隼人の首に腕をからませ

自ら腰をうごかした

こうすると 

快感がより強くなるのに始めて気付いた


彼の重さと彼の息

力強い手

そして 突き立ててくる太い彼のもの

隼人が中で暴れるたび 燃え上がり 

いっそう高くヨシノを駆り立てる


隼人はヨシノをキズつけないように自制しながら

腰を上下している

同じリズムでヨシノも腰を押し付けた

太く長いものが子宮の奥にあたるのかわかる

それはうっとりするほど完璧なものだった

永遠に続いて欲しい・・・・


ヨシノはじょじょに上りつめ

やがて熱く炸裂する 

とめどない快感へ飛び込んだ

胸と胸を重ね

心と心を重ねた

全身の毛穴が開きゾクゾクする


そしてついにその時はきた



ヨシノの子宮の奥で痙攣が起こった

キーンという耳鳴りとともに

痙攣と同時に全身の血液が逆流した

眼の前は真っ白になり ヨシノは空たかく舞い上がった





しばらくして隼人の顔がみえた時は彼も

クライマックスを迎えていた



「 やべぇ・・・・・・

  めっちゃ 締まるヨシノ・・・・


  手でにぎられてるみたいだ・・・・・     

 

  ああ・・・・

  くそっ   ダメだっ                」






自分の中で隼人のものが激しく脈打つ

その隼人のイク瞬間の顔がとても切なくて

ヨシノは一生忘れまいと思った




初めて見るイッた時の隼人の顔・・・・・

なんてセクシーなの

きっと 癖になる・・・・・


隼人が大きく呻きヨシノの胸にくずおれてきた

ヨシノは息をととのえ 

喉がヒリヒリしているのに気がついた

どうやらずっと叫んでいたらしい


汗だくになって息をあらがせたまま 

二人は長いあいだ抱き合っていた




「 死にそうだ・・・・・    」



やがて隼人がぼそりとつぶやいた

ヨシノは彼の額にキスをした

汗が塩辛い



隼人にまきつけた手足にちからをいれ

胸に抱き寄せて 湿った頭をなでた

彼の重みが心地いい

ヨシノはぎゅっと眼を閉じて

この完璧な幸福感をいつまでもあじわった・・・・・





















 おしてね☆


テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

08 : 37 : 06 | GOD BROTHERS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。