スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの純情な感情編No18


ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

 



  


   


第3章 純情な感情編


No18   (  ダークサイド   )





その日はikeママンはどうやって家に帰ってきたかわかりませんでした

自分の部屋のベッドに入り 

しだいに体の震えが止まり 

ようやく荒い息遣いがおさまった後も

布団の中の暗い闇を見つめていました


さきほど起こったことが現実ではないと

自分に言い聞かせたものの 

現実なのはわかっていました



頭の中で

ついさきほど 

ファミリーレストランでゆみちゃんが泣きながら

好きなだけわめいていた言葉が繰り返し

鳴り響いています





「 私はNさんしかいないんです!

 絶対 Nさんと結婚するつもりです!

 彼はそれだけのことを私にしたんですよ!


 何にもしらないくせに! 」






ゆみちゃんは

ikeママンとN君を引き裂こうと嘘八百を並べたのでしょうか?

真実をN君に確かめてみる必要があるのでしょうか?

さらに 

ゆみちゃんの涙ながらに叫びのような声が頭にこだまします







「 私は彼のお母さんにも

  好かれるように努力してるんです!


 貴方みたいな水商売の女 

 彼のお母さんが許すわけないでしょう?


 酒屋のおかみになれるんですか?

 彼と付き合うことはそういうことなんですよ!


 どうか 遊びなら彼をほっておいて!

 あなたなら 

 いくらでも 他に良さそうな人できるでしょう!! 」





ikeママンは布団の中に丸まって

胸が引き裂かれそうな痛みに絶え

憎悪の念が薄らいでいくのを待ちました

しかしそれは至難の技でした





そして さらに彼女は鼻をならして言いました





「 それに貴方のお父さんのこと

 Nさんのお母さんも知っていますよ!


 親が親なら子も子やわっ!!

 アル中の親に娘は水商売なんて!  」






ikeママンはもう一度ゆみちゃんをひっぱたきました!



今 思えば

彼女の精神は少し異状だったかもしれません

思いっきり叩いた後も 彼女のヒステリーに似た

叫びと罵倒は消えませんでした


ファミリーレストランの従業員やお客の中で もはや 

ikeママン達二人のやり取りを

注目していない人はいませんでした






「 逃げるなやっっ!!  」






話しにならないと決断したikeママンは

たまらずその場を離れ

レジで小銭を投げて

出口の扉をあけた時に

最後の彼女の罵倒が店に響きました






真っ暗な布団の中で息をするにも辛く 

まるで車にでも轢かれたかのように

体のあらゆる部分が痛みました


骨までがズキズキし 

ようやく涙が枯れたかと思うと 

また新たな涙があふれて頬を伝いました


このままだと体の水分がなくなってしまうのではないかと思いました

ikeママンは泣いたり すこし笑ったりして 

「 スター・ウォーズ 」 の

アナキン・スカイウォーカーのように

自分がダークサイドに落ちていくのではないだろうかと思いました



眠ったのかどうかわからないまま時は過ぎ・・・・・



フと 時計を見ると 夕方になっていました

誰かに手ひどく傷つけられたあとは以外と冷静になるもので

このまま 布団の中で一晩過ごしても仕方がないので

ikeママンはヨロヨロ起き出し 出勤の準備をしました




バイクを飛ばし夜のトバリが落ちそうな

ミナミの繁華街のネオンをみると

いつものように少しホッとします





18歳の時に飛びこんだこの世界・・・・・・・




もう自分は・・・・・





あの金魚鉢の金魚のように 

この世界でしか生きていけないのでしょうか?





いつも 

バイクを駐車する三角公園前の

キリスト教会の掲示板のメッセージを

ikeママンはいつまでも眺めていました・・・・・・・





















Each and every person plays

the main character of their own life.





一人一人が、人生の主人公である


















ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

 


スポンサーサイト

テーマ:R18要素あり恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

13 : 32 : 50 | ikeママンの純情な感情編No18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。