スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの初恋☆No 9

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 キラキラライン1

 

 

 No  9  ( OH MY LITTLE GIRL ) 

 

 

 

海遊館で急接近した二人は自然に手をつないでいました

ハンバーガーショップでikeママンはポテトとジュースだけ

だって胸がいっぱいで食事どころではありません!

 

N君はビッマック二つにポテトにパイに・・・他いろいろペロッと平らげました!!

 

 

「男の子ってすごい食べるんやね~~~☆おっどろき~~405

 

 

 

「お前らのほうがおかしいぞっ

昼の弁当なんかあんな小さくてハラ足りてるんかといつも思っててん!

だから小さいねん!」

 

 

 

 

「クスクス・・・N君もN君のお兄さんもおっきいもんね」

 

 

 

N君の顔がちょっと強張ったような気がしました

 

 

 

 

「・・・・・ああ・・・そうやな・・・」

 

 

 

 

ikeママンは竹田先輩にからまれ

お兄さんが助けてくれた事を思い出していました・・・

(ikeママンの初恋No2参照)

 

思えばあの事件依頼ikeママンが

N君のお兄さんのことを口に出したのは初めてでした・・・・・

 

 

少ししまった!と思っていました

 

 

 

思えばあの事件からikeママン達はおかしくなっていて・・・ 

今やっと仲良くなってきたのに

 

 

あたしアホや~~~(>Q<)

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・フッ・・・・・    手もこんなに小さい!」

 

 

 

N君はikeママンの手を握りしめました・・・

ikeママンはホッとしました

それからは 普通に 二人は仲良く

天保山のショップをのそいたり 楽しくすごしました

 

 

大阪のおみやげ屋さんでチェッカーズのフミヤのキーホルダーを見つけました

 

 

「それ  欲しいん?」

 

 

 

N君がikeママンに聞きました

 

 

「うっ!  ううん?  別に欲しくないよ!!」

 

 

 

「おばちゃん!これちょうだい!」

 

 

 

もうN君はそのキーホルダーのお金を払っていました

 

 

 

 

えーーーーーっっ  405     」

 

 

 

 

 

そんなつもりじゃ決してありませんでした

 

 

 

 

「誕生日プレゼントや!  そのために  今日来たんやろ」

 

 

 

渡されたフミヤのキーホルダーに

ikeママンは感動して涙がにじんできました

 

 

 

 

「なっなんか・・・・・今日のN君・・・・おかしい・・優しすぎるっ」

 

 

 

 

ikeママンは何か裏があるんではないかと思い初めていました

今まで数々のN君のしうちにすっかり疑心暗鬼になっていたのです

 

 

 

「アホッ!  俺はいつでも優しいわっ

ホンマの男の優しさが 分からん女は苦労するぞっっ!」

 

 

 

 

「なら あたしは大丈夫や!」

 

 

 

 

「お前のこと言うとんや!」

 

 

 

 

あーーっ!!!N君 405   」

 

 

 

 

 

 

「なっ?  なんや?  どうした?」

 

 

 

 

 

 

 

 「目  ・・・・・・タレてる・・・・・・   」

 

 

 

 

 

 

・・・・・359・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「これは 生まれつきじゃ!!  うらぁ~っっ217   」

 

 

 

 

「キヤーっ☆ーーー  (≧▽≦)   」

 

 

 

 

ikeママンはN君にヘッドロックをされながら引きずられていきました

でも  全然痛くありません!

 

外に出ると  路上で若い弾き語りの人が沢山います

 

 

 

「お~い☆そこのかわいいカップル~~~☆

一曲¥300で 何でも歌うで~~~聞いてって~~」

 

 

二人組のギターを持ったお兄ちゃん達が ikeママン達に声をかけました

 

 

 

「尾崎     尾崎できる?」

 

グイッとikeママンはN君に引っ張られました

 

 

 

「も~~   なんでも食いつくんやから~~~」 クスクス

 

 

 

 

「なんでもできるで~~☆   何する?」

 

 

ギターを抱えたお兄ちゃんがN君に聞きました

 

 

「☆OH MY LITTLE GIRL☆」

 

 

 

N君は 前にあるギターケースに¥300投げ入れ  そう言いました 

当時はカラオケとかはまだ浸透してなく 

ikeママンはこの歌を全然知りませんでした 

ですから N君がギターのお兄ちゃん達にひやかされてるのも

ikeママンは意味が分かりませんでした

でもこのあとすぐに分かります☆

 

(ハイ☆聞きたい人は下をクリックしてね!)

 「☆OH MY LITTLE GIRL☆」

 

 

 

 

北港の海にギターの弾き語りラブソングが響きます 

その声につられ他のカップルが集まってきました 

ikeママンとN君は一番前でひざを抱えて聞いていました

 

 

この歌・・・・

 

 

 

N君はもしかしてあたしのこといってるんかな???

もしそうだとしたらN君はikeママン以上の そうとうなロマンチストかもしれましん 

真剣に聞いてるN君の顔を見ながらikeママンは考えていました  

 

 

あたし・・・・   N君の優しさ・・・    ちゃんと知ってる・・・

あの恐ろしい竹田先輩から体を張って守ってくれた・・・・

ねぇN君・・・・

あたしもうずいぶん前からあなたにメロメロなんよ・・・・

でももし告白してこんな関係がこわれたら・・・・・

 

 

マジでそれが怖くて私からは何も言えないんよ・・・・・

 

 

 

 

本当はあたしずっと待ってるんよ・・・・

 

 

 

 

 

「お二人さん仲良くし~や~☆ありがと~☆」

 

 

 

ギターのお兄ちゃんにお別れして それから二人はゲームセンターで遊びました 

ikeママンは今日一日全然お金を使っていません

 

そう全部N君が出してくれています

ハンバーガーショップでも海遊館でも

ikeママンのお金をN君は全然受け取ってくれません☆

 

当時大流行したUFOキャッチャーで遊んでる

ikeママン達はメチャ盛り上がっていました!!

 

 

あの伝説の名馬(オグリキャップ)

ぬいぐるみをN君は立て続けに5個も取ってくれていたからです!

 

 

こんなの  

オグリ

 

 

 

 

ikeママンは大爆笑でした

 

 

 

「おなかいたいーーーーっっ(笑)

なんでそんなにうまいのぉーーーー?

メチャ以外ーーーーー☆☆」

 

 

 

「今  俺はUFOキャッチャーの神様が降りてるからなっ!!

これから俺のこと(オグリN)と呼んでくれ!!」

 

 

「マジ  オカシーーー356オグリN~(笑)」 

 

 

 

 

当時中学3年生の女の子にとって

UFOキャッチャーで自分の欲しいアイテムを

いともたやすく取ってくれる男の子ってなんて逞しく見えるんでしょう!

 

 

やばい・・・・

あたし今日一日でN君今までの10倍好きになってる~~☆

ikeママンは楽しくてしかたがなくてそう思っていました

 

 

 

ひととおり 遊んでikeママン達は

北港の  船着場のベンチに座りました  

後ろには  大きなモノクロのマリリンモンローのパネルがありました

 

目の前には 北港の海が夕日に反射してキラキラしています

遠くに遊覧船がゆっくり流れていきます

 

 

「あたしこの子にNってつけるー」

 

 

 

ikeママンは一匹のオグリキャップを抱きしめて言いました

 

 

「俺の名前やんけ!」

 

 

N君が突っ込みました!

 

 

 

「こらっNっっ!!」   (ビシッ423!!)

 

 

 

ikeママンはオグリにチョップしました!

 

 

「痛っっ!  いたたたたっ  やめてっ」

 

 

N君がノッてきました

 

 

「うそうそ☆  ゴメン チューッ343

 

 

 

ikeママンはオグリにKissしました

 

無言のN君をチラッと見ると

 

 

 

「それは・・・・・・反則・・・・・」

 

 

 

と  少しうつむき  口に手をあて真っ赤になってるN君がいました!

 

 

それを見て急にikeママンも恥ずかしくなりました・・・

 

 

 

 

ボーッと遠くで汽笛の音がします 

 

夕日の中・・・・

 

 

二人を見つめているのはパネルのマリリンモンローだけ・・・・

 

 

 

二人はじっと遊覧船をみていました

 

 

 

 

 

「俺・・・・・・ずっと・・・・・

お前に言わな アカンことがあってな・・・・・・」

 

 

 

 

 

ikeママンはごくっと  つばを飲み込みました

 

 

 

 

そして     軽く目を閉じました・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう・・・・・  その時がきました

 

 

 

 

 

 

  

 No10  ( 離したくない ) 続きを読む

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

10 : 55 : 12 | ikeママンの初恋☆No 9 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。