スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの初恋☆No 8

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 キラキラライン2

 No  8    (初めての デート  )

 

 

 

ikeママンは走ってます!!

息を切らし髪もみだれてるけどとにかく走らなきゃいけない理由があります

 

 

 

そうです!

 

 

 

皆さんお待たせしました!

 

今日はあのikeママンの大好きなN君とのデートなんです

 

といのも   夕べの電話でN君が  「明日海遊館に行くぞ」 と

急に言われたからです 

 

 

 

 

電話を切ってからのikeママンは一睡もしてません 

何を着ていこうか迷ってたし  

こんなことなら美容院にも行っておけばよかったと 

すごく後悔もしてたし   何より興奮して

全然寝れなかったんです

 

 

 

 

もう10時を過ぎました☆

 

 

 

早く行かないとN君が帰っちゃう!!

 

キップを買って改札を抜け ホームへの階段を一気に駆け上がりました

 

すると天保山行きの誰もいないホームに 一人スラッと背の高い

爽やかな男の子が立っていました  

 

 

 

ikeママンの大好きN君でした  

 

 

 

 

N君の向こうにはホームの線路が蜃気楼のように揺れてます 

映画のようなワンシーン・・・・

 

 

 

15歳のikeママンはこんなことでもすごく トキメク乙女だったんです

 

 

来てくれてる・・・・・うそみたい・・・

 

 

 

N君とデートなんて もう頭の中では何十回と妄想していました 

そして・・・・今日は現実です!!

 

 

「お・・・おはよう・・」

 

ikeママンはテレながらN君に駆け寄りました

 

 

 

「おっそいんじゃ!!今何時やと思ってんねん」

 

 

「ご・・・ごめん356   」

 

 

 

「ホンマ帰ろうかと思ったわ!!1分でも遅れたら俺帰るって言うたやろっっ!!」

 

 

「でも・・・・もう10分過ぎてるよ・・・・」

 

 

 

 

・・・・・ 359 ・・・・

 

 

 

「ほんじゃな!!」

 

 

 

 

「わーーーっわーーっ!!  うそっゴメン  帰らんといて~~」

 

 

 

 

ikeママンは N君を引き止めるフリしてN君の腕にしがみつきました!

N君もikeママンの腕を振り払わなかったので

そのままN君を引っ張るようにして電車に乗りました

 

 

 

今日のN君は白のポロシャツにリーバイスのデニム

靴はナイキのバスケットシューズ・・・・

学校で見るより数段大人っぽく見えました

そして前髪を固めて立たせてあったので  

よけいにチェッカーズのフミヤに似ています 

 

 

 

夕べ  私が電話で (フミヤに似てるっ) て言ったから意識してんのかな?

 

 

 

「お前  なんちゅ~ カッコしてんねん!」

 

 

 

 

ikeママンは急に話しかけられてびっくりしました!!

 

 

 

「えっ? どこかおかしい?」

 

 

「スカート短すぎやろ!!ありえへん!!」

 

 

あの当時  これもikeママン若者達に  旋風を巻き起こした

バンドグループ  「レベッカ」  のヴォーカルのノッコ

好きだったikeママンは    ノッコがステージで着てたような

腰周りはタイトで  裾は3段ひらひらのスカートを履いていました

これは ikeママンの一番のお気に入りでした

 

 

 

 

「え~??大丈夫だよ!見えへんもん!

N君こそ  そんな所見てんのヤラシイ☆397

 

 

 

 

「うっさい!チビっ!!」

 

 

「うっさい!タレ目!!」

 

 

 

今日のikeママンは強気です  

だってN君はとっても楽しそうだったんですもの

 

休日の地下鉄中央線は人もまばらで  海遊館に着くころには

ikeママン達の車両は二人だけでした

ikeママン達はほとんどバカなことばっかり言って ジャレあっていました

 

 

 

海遊館に着き   長いエスカレーターを降りていくと

そこはもう海の中の世界です

休日もあって家族連れが沢山いました

 

N君といろんな魚をみて回り  

N君の冗談にikeママンは終始笑い転げてました!

 

 

最後にやってきたのは

 

(アシカゾーン)

 

 

フとN君が

 

「何か赤いもの持ってる?」

 

 

とikeママンに言いました

 

 

 

「お財布・・・・これ真っ赤だよ?これでいい?」

 

 

 

「おう!それがええな」

 

 

 

ikeママンはN君に真っ赤な皮の財布を渡しました

N君はアシカが泳いでいる水槽に

ピタッとikeママンの真っ赤な財布をひっつけました!

 

 

 

すると どうでしょう

 

 

 

 

今までこちらを見向きもしないで自由に泳いでいたアシカが集まってきました

 

アシカは目を見開いてN君の持っている財布を

 

 

ガン見416

 

しています

 

 

 

「え~~?めっちゃ見てる~~?」

 

 

 

「もっとおもろいで!」

 

 

N君が財布をひっつけたまま

右へスイ~~~~~~ッ

 

 

 

と1メートルぐらい移動しました!

 

 

するとアシカが  ガン見しながらついてきます

 

 

「ついてきてる~~~~ ??   405      」

 

 

またN君は今度は

 

 

 

左へスイ~~~~~~ッ!

 

 

 

右へスイ~~~~~~ッ! 

 

 

 

財布を上下波のようにに

 

 

スイスイスイ~~~~~ッ! 

 

 

 

するとアシカも上下に

 

 

 

スイスイスイ~~~~~っ! 

 

 

 

 

「こいつらこの赤い色に反応するんや!

ほら!ローリング・ローリング!」

 

 

 

N君が財布で 腕いっぱいに大きく円を描くと

アシカも輪になってグルグル回ります

右へグルグル左へグルグル

 

 

 

「すごい!すごい! 424    」

 

 

ikeママンは感動しました

 

 

 

 

まるで調教師のようなN君

なんとN君のアシカの調教を見ようと

気がつくとikeママン達は大勢の観光客に囲まれていました!

 

 

「いっいくぞっ!」

 

 

 

「う・・・・うん」

 

 

テレてるN君に手を引かれて

ikeママン達は一番底の深海ゾーン

 

 

ベンチに腰掛けました

 

 

 

「キレイやな・・・・・・」

 

 

「うん・・・・・・」

 

 

真っ青な海の中・・・そこにikeママンとN君はいました

 

 

 

「なんか・・・・  まるで世界に二人っきりみたい」

 

 

「おっ前 よくそんな恥かしい事平気で言えるな!俺前からそう思っててん!!」

 

 

「なんで~~~?本トにそう思ったから言っただけやもん!

あたし!そんなにおかしい~?」

 

 

 

ikeママンはドキッとしました!!

N君が真剣な顔でikeママンを見つめています・・・・

この顔は以前に見たことがある顔でした・・・

そうあの恐ろしい夜の・・・

告白されるかと思った時の顔・・・・ (ikeママンの初恋シリーズNo2参照)

 

 

 

「でっでも・・・・さっきのアシカすごかったね~~

まるでN君調教師みたいやったよ(笑)

アシカが赤い色が好きって誰に教えてもらったん~?」

 

 

 

 

「親父・・・・・・・・・」

 

 

 

ikeママンの心臓はズキンッとしました・・・・・

 

そして何も言えなくなりました・・・・・・・

 

しばらく二人は黙ったまま・・・・

 

時間は流れていきました・・・・   深海のコバルトブルーの色に

N君もikeママンも染まっていました 

だからN君が今いったいどんな顔してるのかわかりませんでした 

 

深海と一体となってる  二人の前を  悠々と

  じんべぇ鮫  が泳いでいきます

 

 

 

「・・・・・・・なんか・・・・・・ハラへったな・・・・・・・メシ食いに行こう!」

 

 

「う・・・・うんあたしも!!」

 

 

 

このころから二人は自然に手をつないでいました 

 

ikeママンの手をスッポリ包んでしまうN君の大きい手・・・

 

 

ikeママンはこの手をずっと離したくないと思っていました

 

 

 

 

 

そう だぶん  N君も・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

Next No9     OH   MY   LITTLE  GIRL 続きを読む

 

 

 

 

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 

 

  

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

10 : 39 : 02 | ikeママンの初恋☆No 8 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。