スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

戒めのマリア No20






「 戒めのマリア 」





No20
ikeママン☆のブログで物語 


  
真っ白いドライアイスのスモッグ・・・・・

きらびやかなレーザー光線・・・・・・

決して大きいといえない このホストクラブのステージで

あたしは 目をこらして ジョージを捜した




汗を飛びちらし キラキラ輝いている

上半身裸で 飛んだり跳ねたりしてるホスト達・・・・

みんな なんて カッコイイの!!


ジョージはどこ?


あたしの目はジョージを捜すのに夢中になった

でも どこにもジョージはいない


すると 急に音楽はポリネシアン調に変わり

舞台はガラッと趣向を変えた



「  ユカちゃん!! ジョージが出てきたよ!! 」


ドラムロールが流れ

舞台両端の鉄柱から 突然 「 ヴゥオッ 」という音と共に

巨大な炎が噴出された

あたしはびっくりした



青いライト・・・・炎の中から ジョージがソロで出てきた

焼けた火の粉の中 真剣な表情のジョージ・・・・

筋肉が収縮した腕

ジョージはピタッとした皮の半パンツ一枚でたくましい

上半身をむき出しにし両サイドに炎が舞い上がる棒を 

孫悟空さながら振り回していた



「 ファイヤーダンスだ!!  」



麻美が興奮して叫ぶ!

ジョージがファイヤー棒を振り回すたびに 

炎の熱気が顔にかかる



ショーのシチュエーションだろう・・・・

ジョージの脚首は鎖につながれていた

ジョージは自分の股間に手をやり 腰を突き出す

とたんにあたしは恥ずかしくて顔が熱くなった でも目はジョージに釘付けだ

その動きはなめらかな逞しい肌の中に

ひそめた激しいSEXを思わせた

激しいダンスと共にジョージの体中の汗がとびちり

情欲的に観客を挑発する






かっこいい!かっこいい!!!



ジョージは苦しみとも狂気ともつかない表情で天空めがけて

腰を突き出しラストを飾った・・・・・


約1時間のショータイムが終わっても
あたしはボ~ッとしていた
こんな世界があったなんて・・・・・
今までテレビで見たどのショーよりも 迫力があってすごかった
あたしは完全にそのショーに・・・・

ホストの世界に魅入られた

なんだか 股間がむずがゆい・・・・・

トイレに行って確かめてみると  あたしは濡れていた


男の人を見ただけでこんな風になるなんて・・・・

何て刺激の強い体中を蝕む官能・・・・・

あたしは初めて男の人にセクシャリズムを感じた


「 なんか ボ~ッとしてるね~♪
  気に入った?     

  ユカちゃんよかったら俺の専属になってよ~♪   」




席にもどったあたしはユウ君の話しを上の空で聞いていた

頭の中はさっきの逞しく踊るジョージの姿で一杯だった

気が付くと隣に座っているユウ君の顔がすごく近くにあった





「 ゆかちゃぁ~ん ♪ かわいいね~♪  」



ユウ君の顔が迫ってくる

ちょっと 酔っ払ってる・・・・
どうしよう・・・・専属ってなに?




その時だった

あたしの反対側にドカッと誰かが座った ジョージだった!


踊り終えたばっかりで息をきらして シャツのボタンが全開に

なってて 首から汗がしたたり落ちてる・・・・
 



ドキン・・・・ドキン・・・・・



初めて感じる 胸の鼓動・・・・・
どうしよう・・・・・まともに顔が見れない・・・


きっとあたしの顔は真っ赤になってるはず
男性相手に初めて恥ずかしいという感情を持った・・・・



 
「 ダメだよ!他の男(ヤツ)なんか ユカは俺のもんだ!  」



そういうとジョージはあたしの肩を抱き寄せた








ikeママン☆のブログで物語

 


皆様の応援が励みになります☆

ユカ!これからどうなるの?という方は

ランキンクポチ☆ご協力よろしくお願いします☆☆






スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

09 : 27 : 47 | 戒めのマリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

戒めのマリア No4


戒めのマリア

No4

いつもの放課後
学校の近くの川べり・・・・
二人だけの薄暗い納屋・・・






この日 あたしはいつもの納屋で猛と二人でいた




にきび面で茶髪の猛は学園で一番背が高くケンカが強かった
でも 

それは兄がいなくなってからで あたしの兄はとても強く優しかった
子供心にあたしは猛に気に入られていたら

自分の身は安泰のような気がしていた


そして
みんなの前では強くリーダー核の猛がいとも簡単にあたしにだけは
おとなしくなるのが愉快だった





「ねぇ ユカ・・・・もっと広げろよ  」






「これ以上ムリよ   」






あたしはいつものように猛の目の前で大きく足を広げ
猛の熱い視線に自分の秘所をさらけ出して
なぜか頭の中では聖書のくだりを暗証していた


この時の猛のあらゆる興奮に応えるのが

なぜか自分が有利になったような
大切な存在になったようであたしは好きだった



なぜこんなことをやりだしたのかはわからない




でも 兄の隼人がいなくなってから 

あたしは自分を守ってくれる何かが欲しかった




以前に一度 

みんなで遊んでいる時にあたしがこけた時
そばにいた猛の視線があたしのスカートの中にあったのを
あたしは見逃さなかった
そして隼人がいなくなってしまった 数日後
あたしは猛を誘って言った




「 ねぇ 猛・・・・ パンツ見せてあげようか? 」







それからこの秘密の遊びははじまった
そんなことを思いめぐらせている時




たけしが異様に近くにいるのに気がつかなった
そして 

この時の猛が過剰に反応し自制心をなくしているのにも






「 ユカ・・・・じっとして  」






猛がズボンを下ろし大きくなった自分のものを握っていた
でも たけしのは何度も見慣れていた




「仲間のうちでは俺のが一番大きい  」




といつも豪語していた 

そしてずっとそこを擦っていると結末には何が
起きるかも見せてくれた






けど そこまでだった・・・・今までは・・・・








だけど 今日はすこし違った

猛が自分のものをあたしの性器にくっつけてきた






「 やめてっ! 何するの?? 」







「 何って・・・・・SEX  」







あたしはあんまりにも驚いて 

上にのっかかっている猛の顔面を蹴った
そしてありったけの量の藁をつかんで猛に投げつけた





「 いって・・・・何するんだよ!  」






急いであたしはパンツを履き戸口に走った
猛はあたしに蹴られた顔を抑えてうずくまった 

下半身はまだむき出しのままだった





「 ちっきしょ~・・・ユカ・・・覚えてろよ・・・  」







すて セリフを履く猛を残して あたしは走った


走って 走って 走りまくった
途中学校の同級生に何人かあったけど おかまいなしだった


全速力を疾走するにはランドセルはあまりにもじゃまになる

さっきの記憶が頭の中をかけめぐった





あの時の猛のものが自分の性器にあたった 生暖かい感触



猛は何をするつもりだったの?

アレをくっつけると何が起こるの?
その行為は学園長がいってた (穢れる)ことなの?
もう あたしは穢れてしまったの?

なぜ あんなことしてきたの?





思い出しただけでも 全身に悪寒が走った
ほんの遊びのつもりだった

猛はあたしを大事にしてると思った・・・・




全速力を疾走するにはランドセルはあまりにもじゃまになる

必死で走ったせいで横腹が痛くなった

片手で抑えて呼吸を整えた




カエデの木の下にもたれて 

あたしは哀れで孤独な子供だった






それから 数日たった午後


トイレの中で気がついた 

自分のアソコにうっすらとうぶ毛が生えていた・・・・・

そして さらに数日後 脇にも毛が生えているのを発見した

秋の体重測定で半裸のあたしに保険医は言う



「 もう そろそろブラジャーをつけなさい  」




クラスのみんなの前でそれを言われたあたしはとても恥ずかしかった・・・

そして 心の中で誓った 

いったい何に誓ったかは分からないけど
もう 子犬のように自分のあそこを見せて

男の子の感心をひくことはやめよう









この頃のあたしは・・・・
幼くて愚かで そして あまりにも無知だった・・・・・

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

09 : 37 : 32 | 戒めのマリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。