スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

番外編M子の海岸物語act3

   ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

  海岸

( 番外編 )

☆M子の海岸物語☆ 

 act 3

 

 

次の日 意を決して手紙を持って学校に行ったら

ikeちゃんは休みやった・・・・ それがウチをさらに不安にさせた

K子ちゃんがお弁当の時にグループに入れてくれたけど

ウチはうわの空でちっとも楽しくなかった

 

放課後 学校が終わってからウチはikeちゃんの家に行こうと

元町に向かった・・・・

この町に来るのは2回目やけど

ikeちゃん家に行くのにはこのガラの悪い商店街を通らなアカンかった

古ぼけたアーケードの中にお店が沢山あって なんか店員も怖かった・・・

そして 派手なネオンのレンタルビデオ屋の前でヤンキーっぽい女の子達が

たむろっていた・・・・

ウチの中学の子達じゃないわ・・・・

 

 

ああっ!  イヤっイヤッ!  ガラ悪い!!

みんな ビーバップハイスクールや!

なんで あんな所にツバ吐いてるんやろう? しかも何回も?

ツバってそんなにたまるもの?

こんな所さっさと抜けてikeちゃんの所行こう!

 

 

 

・・・・ikeちゃんは・・・・許してくれるやろか・・・・・

昨日 ウチが言ったこと・・・・・・

 

 

 

「 ちょっと! 待ち!  」

 

 

 

いきなり誰かに肩をつかまれた!

ふりかえると さっきまでレンタルビデオ屋の前で座ってた

女の子のグループの一人だった

 

 

 

 

「 自分! さっき

 ウチらにメンチ切ってたやろ? 」

 

 

 

 

メンチ? メンチって何? 何言ってんの? この子頭おかしいんちゃう?

(☆ ハイ 関西の少しガラの悪い言い方で にらむ と言う意味です )

 

 

 

 

「 メンチ・・・・・ きってないけど・・・・・  」

 

ウチは訳わからず答えた

 

 

 

「 うそつけやぁ~!!お前今メンチ切ってたやろがぁ~!!

どこの 中学じゃ!ゴルァ!! 」  

 

 

 

「 いたいっ!! 」

 

 

次にもう一人の女の子に髪の毛を引っ張られた!

そして ウチのカバン取られてしまってん!

そのカバンにはikeちゃんの手紙が入ってるのに!!

 

 

 

「 おお~~コイツ! 2万も持ってるで~!!

金持ち~~☆☆ 」

 

 

お金が欲しいならあげるからっ!!

手紙だけは返してっ!!

 

 

「 やめて!! 返してよ!! 」

 

 

その時 突然クラクションを鳴らしながら

白いバイクがウチらの中に割って入ってきてん!

 

 

 

金髪に細い体 

白の原付バイクには炎のペイントがしてあった・・・・

 

 

 

そのバイクに乗ってる子は・・・・・

 

 

 

 

 

坂上 ヨシノやった・・・・・

 

 

 

 

「 自分ら 何やってるん? 」

 

 

 

 

「 よっちゃん せんぱいっっ!!! 」

 

 

 

 

うちにからんで来てた3人は 坂上ヨシノを見るなり声色を変えた!

そして あきらかに坂上ヨシノを羨望の眼差しで見てた・・・

この子ら年下やったん??

それに坂上ヨシノ・・・・ヘルメットもかぶらないで・・・・

 

っていうかっ

 

 

 

無免許やんっ!!!

 Σ(゚Д゚ノ)ノ

 

 

 

 

 

「 この子 知り合いやねんけど

 なんか したん ? 」

 

 

 

「そ~~なんですかぁ~!!

知らないですいませんでしたぁ~!

あっ これ 落ちてたから 拾ってあげたよ! 」

 

 

 

そう言ってうちにからんで来てた子達は

うちから取り上げたお金とバックをウチに返した

何が拾ったじゃ!!お前らが今ぶんどったんやろ!

そして今度の集会を楽しみにしてるやら

自分達なら 根性で逃げれるやら何やら

坂上ヨシノにたっぷり自分達を売り込んでから去っていった

 

うちはいきなり坂上ヨシノと二人っきりになって

たちまち緊張が全身に走った・・・・・

男子を保健室送りにした坂上ヨシノ・・・・

さっきの不良達も一目置いてた・・・・

 

 

「 自分みたいなん こんな所ウロついてたら

 カツアゲどころか身ぐるみ全部剥されるで

 ikeちゃん家に行くん?  」

 

 

 

 

 坂上ヨシノはウチのこと知ってた・・・・

そして おもむろにポケットからタバコを出して吸い始めた!

 

 

 

タッ!!タバコ??  405

 

 

 

 

 

無免許にタバコに金パツに・・・・

なんかすごいな コイツ・・・・もはや

同じ人間とは思えんわ・・・・・

 

 

 

 

「今日・・・・・ikeちゃん学校休んだから・・・・・ 」

 

 

 

うちはカバンを握り締めて エイリアンヨシノに言った・・・・

 

 

 

 「 今は止めとき! ikeちゃんの親父が寝てるから

起こしたら 機嫌悪くなってなぐられるのikeちゃんやから 」

 

 

 

 

 「 え? ikeちゃんのお父さん寝てるの?

具合でも悪いの? それで学校休んだの?

お父さんの看病するために?  」

 

 

 

それに ikeちゃんの事を殴るって・・・・・

ありえへん! 

ウチは親父にもなぐられたことないのにっっ! Byアムロ・レイ

 

 

 

 

「 なんと・・・・・

何も言ってへんのか・・・・・   」

 

 

 

坂上ヨシノはびっくりした顔でウチを見てから

何か一人でブツブツ言い出した・・・・

これじゃムリもないとか 何でこんなん相手にしとるんやとか・・・

 

 

 

 フッ 

「 何も知らんねんな! ikeちゃんはアル中の親父の

    代わりに今日と明日はバイトしてんねん!

    学校には言いなや!   」

 

 

うちはびっくりした!

そんな事 ikeちゃんは一言もウチに言うてくれへんかった!

 

 

「 ああ バイトっていうても知り合いのおばちゃんの所で

チャリンコのブレーキ作るの手伝ってるだけや! 

だから ikeちゃんに用があるんやったら

学校来るまで待っとき!! 」

 

 

 そう言うと 坂上ヨシノはバイクのエンジンをかけた

 

 

 

「 ほな! さいなら! 」

 

 

ウチの前からバイクが排気音を立ててすべるように

発信した!

 

 

 

 

「 よ・・・・よっちゃん!! 」

 

 

 

 

うちは思わず叫んでいた!!

たぶんウチの顔は真っ赤やったと思う!

なぜ ikeちゃんが呼ぶように坂上ヨシノのことを

そう呼んだのか自分でもわからんかった

坂上ヨシノはバイクのブレーキをかけて

 

 

 

「 ああん? 」

 

 

 

と眉間にしわを寄せて振り向き

不思議なものをみるような目つきでウチを睨んだ

 

 

 

 

「 あの・・・・・

助けてくれてありがとう!! 」

 

 

 

 ウチはこれをいうのが精一杯やった・・・・・

 

 

坂上ヨシノは暫くジーっとウチを見ていた・・・・

そして おもいっきり高慢な笑顔でこう言った

 

 

 

 

 

「 ばいばい! M子!  」

 

 

 

 

 

 

 

坂上ヨシノは白いバイクにまたがって 商店街を

我がもの顔で走り抜けていった

 ウチは坂上ヨシノの姿が見えなくなっても

いつまでも いなくなったヨシノの残像を見つめていた

 

 

 

結局 その日ウチはikeちゃん家には行かなかった

また   長い詩を書いた・・・・

 

 それだけじゃ 飽き足らず 

白馬にまたがった 騎士の絵を描いた

その騎士の顔は 坂上ヨシノそっくりだった・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

軽蔑してたハズなのに・・・・・

 

 

 

 

ちょっぴり憧れてたんやろか・・・・・

 

 

 

授業に出ないあの子・・・・・・

 

 

 

 

コスモス色のルージュー・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

  ☆続きact4を読む 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

06 : 51 : 36 | 番外編M子の海岸物語act3 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。