スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

二十の再会☆No24

  

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

 

 No  24  (星空のビリー・ホリディ)


  

 

 

 

 

 

「第一回!

陣地取り花火ウォーズ~~~!! 」

 

 

 

うぉ~~~!!!429352

パチパチパチッ!!

 

 

N君とたけしが額にタオルをハチマキのように巻いて

仁王立ちで叫びました

そしてそのハチマキにはロケット花火が2本挿さっていて

どうやら二人は昼間のビーチバレーの乱闘の

決着をこの花火でつけようとしていたのでした

 

 

「せいれ~~~つ!!! 」

 

 

たけしがビジッと言いました

たけしはハチマキにロケット花火を突き刺し腕を後ろにくんで

軍隊のような口調で話しはじめました

 

「 諸君!!敵は守りを固めはじめた!

もうひといきで敵は我が軍におちるっ!!

今から 隊長のありがたい話しがある!

心して聞くように!! 

それでは・・・・ 隊長・・・・我が軍の兵隊に

一言どうぞ・・・ 」

 

 

 

「・・・・うむ・・・・ 」

 

 

 

N君が後ろに手を組んで軍隊のようにツカツカ歩いてきました

そしてN君の頭にも額にハチマキ・ロケット花火が挿してありました

N君はikeママン達に向かって真剣な顔で言いました・・・・・

 

 

 

「 すまんが・・・・みんなの命をくれ・・・・  」

 

 

 

「 ブライト? あれブライトのセリフやんかっ! 」

 

 

「 うん・・・・ガンダム好きやねんね・・・・ 」

 

 

 

「 なぁ・・・・そろそろバカらしくなってきたんやけど 

このバカ騒ぎに

うちらが付き合う義理はあんの? 」

 

 

 

M子がうんざりしながらikeママンに言いました

 

「同感やわ・・・・適当に抜けてシャワーいこか・・・・ 」

 

 

 

まーくんに好感を持っていたK子は

さっさと敵軍まーくん隊に行っていまいましたし

のこされたM子・ikeママン・たけし 他走り屋チーム数人

がN君の軍隊にムリヤリ所属されてました

陣頭指揮はやんちゃ代表で

もちろん気合いバリバリのN君でした

 

「 ねぇ N君・・・・ゆみちゃんは? 」

 

 

「 あいつは車の中や 

花火があたって火傷したら危ないやろ?

だから 非難させたんや!  」

 

 

 

・・・あたしらは 火傷してもええんかよ・・(#`-_ゝ-)

 

 

 

その時さっそく第一陣まーくん部隊からの攻撃が初まりました!

 

 

ヒューンッ!!ヒュンヒュンヒュン!

 

 

 

ロケット花火が矢のように飛んできました!!

 

 

「 うわ~~っ!! 」

 

 

「 ギャーーー!! 髪こげた~~?? 」

 

 

「 何? くっせ~~!! 」

 

 

「 ひるむな!! こっちも攻撃や!! 」

 

 

さっきまで 皆で囲んでカレーを食べてた

おおきなスチール製の

レジャーテーブルを盾にして隠れ

ikeママン達は次々にロケット花火に火をつけて 

それをN君達が

まーくん部隊のいる陣地に投げ込んでいました 

 

 

「 どんどん! 投げろ!総攻撃じゃ!! 」

 

 

N君が本当に嬉しそうに叫びました 

また一本のロケット花火がikeママンの頭上をかすめました

 ※(注) あぶないんでマネしないようにしましょう!

 

 

 

「 もうイヤーッ!あたし いち抜ける!! 」

 

 

「 あっ 俺も!俺も! 」

 

 

「 ゆび火傷した~~!! 」

 

 

ここらへんがしおどきだとikeママンもみんなに続いて

抜けようとした時でした 

ikeママンの顔の脇を何か熱い物が

飛んできて目の前に落ちました 

真っ暗闇に導火線がバチバチ火花を上げていました!

 

 

「 バッ!! バクチクっ?? 」

 

 

 

 

 何でこんなものまで~!!

 あぶね~っ!Σ(゚∇゚|||)

 

 

 

 

 

ikeママンは火傷をするのを覚悟したときでした!!

N君がどこからともなく飛んできてバクチクを蹴り飛ばしました

 

 

 

パーン!!313

バチバチバチバチッッ!420

 

 

 

 

「大丈夫かっ! 」

 

 

N君が笑いながらikeママンの頭をつかみ引っ込めさせました

二人に向かって2本のロケット花火が飛んできたからでした

何本ものロケット花火を受けてすっかり表面のこげた

レジャーテーブルの影にかくれて

今や敵軍と戦っているのはikeママンとN君だけでした

みんなテントで休憩しながら 遠まきに

この様子を笑いながら見ていました

 

 

「なぁなぁ これ♪ 」

 

N君が30連発の打ち上げ花火を手にニカーッと笑っていました

 

 

「 ホンマ楽しそうやな359 

 

 

「俺が突撃したらお前みんなの所に走って逃げろよ! 」

 

 

「 ラジャ!218 

 

 

そしてN君が勢いよく 盾になってるテーブルを蹴り倒し

まーくんにむかって行きました

最初逃げてたまーくんも途中で形勢逆転し

今度は N君がまーくんに打ち上げ花火を向けられて

追いかけられていました

 

N君がアチコチに飛ぶまーくんの連発花火を

ジャンプしたりして本当に器用に交わしているのを見て

みんな大笑いしていました

 

 

※(注) 20歳の大人が本気で遊んでいます!

くれぐれもマネしないようにしましょう

 

 

 

「 あ~~~ビーサン溶けて穴あいた~! 」

 

 

 

「 アホやな~ それじゃ歩けないやん!

そこのコンビニで買ったるわ!ほらっ!いくでっ!たけし! 」

 

 

 

「 ガリガリ君も買って~♪ M子ちゃ~ん♪ 」

 

 

たけしとM子はみんな見えなくなった所で手をつないで

コンビにまで歩いていました

それを見てK子とikeママンは顔を見合わせて笑いました

どうやら あの二人はうまくいきそうでした

大騒ぎの中 初めて経験するとっても楽しい夜は

波の音と共にふけていきました・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ザザン・・・・    ザーン・・・ザン

 

 

 

 

どれぐらい時間が過ぎたのでしょう?

ikeママンは波の音に目が覚めました  

同じテントの中で M子・K子が熟睡していました

ikeママンはBaby Gの腕時計を見ました

 

 

「 3時・・・・・か・・・・・  」

 

 

普段ならこの時間は「zip 」 で働いている時間です

 

 

 

 

  こんな時間に寝れるわけないなぁ~

  アカン・・・・ 髪 メッチャ火薬臭い・・・・

  シャワー行こ・・・ 彡(-ω-;)

 

 

 

テントから少し歩いた所にある簡易的なコインシャワー室は

こんな時間だけに誰もいませんでたし 

やっぱり電気はついてても

不気味だったので急いで髪を洗って汗を落としました

 

 

 

 

 

ザザン・・・・    ザーン・・・ ササァ・・・・・ン

さっきより波は少し高くなっていました

 

 

 

 

 いや~~ん なんか怖なってきた~~

  早よもどろ・・・・ (((=ω=)))ブルブル

 

 

 

シャワー室から出た所でikeママンの前に突然人影が現れました!

 

 

 

「 キヤッ! 」

 

 

「 うわっ?? 

びっくりしたぁ~~!! 」

 

 

 

ikeママンの前に立っていたのはN君でした!

 

 

 

「 お前かっ!ビビらすなよ~!!なんでこんな時間に?? 」

 

 

 

 

「 N君こそ!!」

 

 

 

 

「 俺か? 

俺は髪の毛が火薬臭くて寝られへんかったから・・・ 」

 

 

 

「 あたしも・・・・ 」

 

 

 

 

 二人は一瞬見合って笑いました

濡れた髪の毛に首にタオルがかかっていて

N君の手には缶ビールがありました

 

 

 

 

「 まだ 飲んでんのぉ~~??(笑) 」

 

 

 

 

「 あれは寝る前の一杯♪ これは寝起きの一杯 ♪ 」

 

 

 

ikeママンはおかしくて笑ってしまいました 

N君も上機嫌で笑っていました

 

 

 

 

「 ・・・・・あの ・・・・ ゆみちゃんは? 」

 

 

 

「 お前って! 

俺の顔見たら そればっかり! 寝てるよ!

さすがに この時間やからな!  」

 

 

 

テントに向かってikeママンとN君は

しばらく歩き出しましたが

ちょうど 別れる分岐点でピタッと止まりました

 

 

 

 

「 あ~・・・・ それじゃ・・・・  」

 

 

 

 

「 ・・・うん・・・・おやすみ・・・  」

 

 

 

 

 

ikeママンはゆみちゃんが寝ているテントの方に向かって歩いていく

N君の背中をみて 胸が押しつぶされそうになりました

明日になればもう彼に逢えなくなります・・・・・

 

 

 

次に逢う口実すら思い浮かばないikeママンのこの寂しさは

言葉には言い表せませんでした 

 

 

 

 

   ・・・・もう・・・・逢えない・・・・・

 

 

 

 

 

せつなくて・・・・

 その場に立ちつくしたまま・・・・・

うつむいて涙がでるのをこらえていました

 

 

 

 

 

ザ・・・・・ン    ザザァ・・・・ン   ザザーン

 

 

 

 その時 テントに向かっていたN君が足を止め

クルッと振りむいて言いました

 

 

 「 おいっ! 上見てみろ 」

 

ikeママンは言われるがままに砂浜の夜空を見上げました

 

 

 

 

 

 

 

「 う・・・・わぁ~~~!! 」

 

 

 

夜空には満天の星が浮かんでキラキラしていました

 

 

 

 

「 なに? これ~~?超きれい~~☆ 」

 

 

 

 

「大阪じゃ こうはイカンなぁ~ 」

 

しばらく ikeママンとN君はその場に立ちすくんで夜空を見上げていました

 

 

 

 

ザ・・・・・・ン    ザザ・・・ン

 

 

 「 マジ 降ってきそうやな・・・・・  」

 

 

 

 

「  うん・・・・   」

 

 

 

 

「 あんまり キレイやから・・・・・  」

 

 

 

 

N君はikeママンにほほえんで言いました

 

 

 

 

 

 

 

 

「 少し 歩くか? 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その言葉にikeママンの心は踊り

おもわずN君に駆け寄りました・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


  

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

06 : 52 : 36 | 二十の再会☆No24 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。