スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

二十の再会☆No23

  

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

 

 No  23   (    リゾ・ラバ    )

 

 

 

 

 

 

「 私達 N君の中学の同級生やってん! 」

 

 

「知ってます・・・・・Nさんの卒アル(卒業アルバム)みましたら・・・・ 」

特にikeさん・・・・・   

どれもみんな一緒に写ってますよね・・・・・ 」

 

 

「あっ  そうなんや・・・・・

いや~~~ なんか恥かしいなぁ~(困) 」

 

 

 

「どんな人かなって・・・・・ずっと 思ってましたし・・・・・・

逢いたかったんです 」

 

 

ゆみちゃんはそう言うと挑むような目つきでikeママンを見ました

ゆみちゃんはもうこれ以上

ikeママンと楽しく会話はしたくないだろうと感じました

 

 

 

「 あれー?!カレー食ってるんかぁ~??ハラへった~~!! 」

 

 

N君達が両手いっぱいに花火を抱えて戻ってきました

とたんにゆみちゃんがN君に駆け寄り 

まるで主有権を主張するように 腕をN君の腕にからませました

 

 

「 うぉっ? どうした? ゆみ! 」

 

 

「・・・・トイレ・・・・・暗くて怖いからついて来て・・・・ 」

 

 

N君はされるがままにゆみちゃんに引っ張られていきました

 

 

 

 「 ほらな!言うたやろ?  」

 

 

M子がもどってきたikeママンの肩をポンッと叩いて言いました

 

 

「 まぁ彼女のことは気にせんと

ikeちゃんは遠慮せんとN君としゃべりや!

友達やねんから! 」

 

 

「 そうや!そうや!仲良くしよう思たら初めから話しかけてくるって!

はなから うちらと仲良くする気はないで! あの子 

しかしやってくれるなぁ~!かわいい顔して  」

 

 

「 ん・・・・ ねぇ このことN君には・・・・ 」

 

 

 

「言うわけないって! 女の悪口は男に嫌われるだけやからな!

特にN君 何も気付いてないやろしね  」

 

 

ikeママンはなんだか胸の底がザワザワしました

そして 仲良くなれると思って

ゆみちゃんにヘラヘラ話しかけた自分が

なんてまぬけなんだろうと情けなく思ってしまいました

 

 

真っ暗な夜の波は静かに打ち寄せていました

そんなikeママンの心とは裏腹に夕食を終えて血気はやる若者達は

どんどんヒートアップしていきました

 

 

 

「 はい!!ど~も~~!! まーくんで~す! 」

「山下で~す! 二人合わせて!」

 

 

 

「金たわしで~~す!!☆」

 

 

 

「 イエーーー!ピューッッ!ピュー!!♪ 」 438

 

パチパチパチッ 「ええぞ~~~!! 」

 

 

キャンプファイヤー用の焚き火を囲んで まーくん達の余興も始まりました

 

 

「 ものまねしまっす!! 

サザンの桑田の声で地下鉄御堂筋線の車内放送!! 」

 

 

 

まーくん達コンビの金たわしは以外とおもしろかったのでみんな大爆笑でした

特にK子は涙を流して笑っていました

すこし 離れた所でN君とゆみちゃんも大笑いしていました

 

 

そしてまーくん走り屋チームがゲームもやり始めました

 

 

「 ダーツでイッキ 63

たいか~~~~い354354

 

 

 

まーくんの走り屋仲間の作ってきたこのゲームは

なんとダーツゲームで景品か 焼酎イッキ かの過酷なゲームでした

彼らの持ってきた一升瓶の 焼酎のラベルには筆で荒々しく

「 男山 」 と書かれてて 信じられないネーミングのものでした

 

 

 

 

「ハイっ! 次順番  ikeちゃ~ん ♪

 ダーツで赤が出たら景品!

黒がでたら?  男山 イッキ~~~!! 」

 

 

 

まーくんの相方の山下君がおたまを持って司会をします

もうすでにM子・たけし・N君は  男山 を

イッキに飲まされてヒーヒー言ってました

 

 

 

  ~~神様~~~!!当たりませんように! 

  えいっ!(>.<) y

 

 

ikeママンは懇親の力を込めてダーツをなげました!

クルクル回るボードに勢い良く投げたダーツが刺さりました!

 

 

 

 

「 ハイッ☆ハズレーー!!

男山イッキ~~~決定!!! 」

 

 

 

「いっやぁ~~~!!

こんなん飲んだことないっ~~

!(> <)  」

 

 

 

お酒が飲めないikeママンはマジ泣きそうでした!

 

 

 

「夏のお譲さん~!!

水着がとっても似合うよ~♪

刺激的サァ~♪

イッキをしてよ~~♪

ハイッ☆イッキ☆イッキ☆ 」

 

 

 

15人全員のイッキコールが鳴り止みません!

M子やまーくん達も一緒にコールをしながらゲラゲラ笑っています

ゲームは最高潮に盛り上がっています!!

 

 

 

 

「イッキ☆ イッキ♪ イッキ☆ 」

 

 

 

 

   ・・・・これで飲まなきゃ 

   場の雰囲気が~~

   ええいっ! 

  あとはもう知らんっっ!!!(>.<) 

 

 

 

 

 

 

 

「イッキ☆ イッキ♪ イッキ」

 

 

 

 

ikeママンが覚悟を決めて

なみなみと入った 男山 のグラスをもって

飲もうとした時でしたっ!!

 

 

 

突然横の誰かにそのグラスを奪われました!

 

 

その横の誰かはikeママンの飲む筈だった焼酎をイッキに飲みほして 

ダンッと乱暴にテーブルに空のグラスをたたきつけました!!

 

 

 

 

「  げぇ~~~~っっ!!

キッツゥ~~☆☆!!! 」

 

 

 

 

 

N君でした・・・・

 

 

 

 

「 こら~~~!!N!!なに人のヤツ飲んどるんじゃ!

ゲームにならんやろ~~~!!! 」

 

 

 

司会の山下君が叫びました 

 

 

 

「 うるっせ~~~!!っ 飲みたかったんじゃっ!!

オラッ!! もっとつがんかぁ~~い!!  」

 

 

 

「全部う~そさっ ♪ ♪ 

そんなも~んさっ ♪ 

今のイッキは まぼろしぃ~ ♪

あっ それそれそれそれっっ♪ 

イッキ!イッキ!イッキ!☆☆☆  」

 

 

 

走り屋連中のイッキコールに囲まれて 大騒ぎの中 

なんとN君は立て続けに

ストレートの焼酎 男山 を3杯もイッキしてしまいました

 

 

 

 

   うそっ・・・・かわりに飲んでくれた・・・・

 

 

 

 

 

 ikeママンはアゴがはずれる前に口を閉じて呆然としたまま

N君をみつめていました

心の奥から信じられないほど彼に対して愛しさが湧いてきました

みんな盛り上がり過ぎて さっきのN君の態度を不信に思う人はいませんでした

ikeママンは軽く感動しているのでしょうか?

熱くなった頬を押さえてドキドキが治まりませんでした・・・・・

 

 

 

    アカンで・・・・・・

    N君・・・・・・

    こんなん

    好きになれってゆうてるようなもんや・・・・

 

 

 

 

 

 

ikeママンはギュッと目と閉じました

妄想では今すぐ駆けていって後ろからN君に抱き付いて・・・・

めちゃくちゃ 好きって言って 顔中KISSして

海に向かって 「 N君好きだぁ~~~っ! 」 って叫んで!

そんで 彼を拉致って   監禁して鎖でつないで 半笑いで

・・・・・ そんでそんで・・・・・

 

 

 

 

 

「 あ~あ! Nに おいしい所 もってかれたなぁ~! 」

 

 

 

 

気がつくとさっきまで一緒に騒いでた 

まーくんがikeママンの横に座っていて

ikeママンの妄想はそこで打ち切られました

 

 

 

「 え? 」

 

 

 

ikeママンは突然話しかけられてびっくりしました

 

 

「 ikeちゃんが泣き入った所で俺がカッコよく男山飲むはずだったのに

そんで ikeちゃんが (まーくんカッコイイ~238

俺に惚れるの ♪  」

 

 

「 また そんなうまいこと言って~(笑) 

N君はただ・・・ 飲みたかっただけよ・・・きっと・・ 

ってゆうか もう みんなバカばっかり! 」

 

 

 

ikeママンの視線の先には大騒ぎしてるN君達がいました

なぜかたけしは (わははは) と笑いながら 

シャチのゴムボートで

 

シャチ 

☆こんなの

 

 

みんなをどついてまわっていました

 

 

 

 

「 さすが 酒屋の息子やな あんだけ飲んでても

ビクともせんな!アイツ! 」

 

 

たけしからシャチのゴムボートを奪いとり 

今度はN君がみんなを殴り出しました 

きっとみんな酔っているのでしょう  

男性陣は以上に楽しそうでした

 

 

 

 

 

 

「 おっと・・・・気ぃつけや・・・・ 」

 

 

 

 

 

まーくんがikeママンの肩を抱き そっと耳うちしました 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒソッ   「 見てるで・・・・・ 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り向くと すごい形相で

ikeママンをにらんでいるゆみちゃんがいました・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

06 : 48 : 05 | 二十の再会☆No23 | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。