スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

二十の再会No22

  

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

 

 No  22  (  ラブ・パッション  )

 

 

 

 

 

海の潮風に吹かれながら 二人はジャレあい 

N君に思わずikeママンは引き寄せられてしまいました・・・・

 

 

N君がここに自分と一緒にいるのが夢のようでした

波が寄せては引き 日差しはさっきよりもずっと強くなりました

N君につかまれた肩から熱いものがikeママンの全身にめぐりました

全身緊張が走り  鼓動がどんどん早くなります

 

ikeママンはじっとN君の顔を見つめていました 

N君は濡れた髪が垂れ下がり なめらかな肌が光って見えました

髪の雫がikeママンの首すじから胸元につたい落ち

N君の視線がikeママンの首筋から胸元のしずくに移りました

太陽と砂のせいかikeママンの肌は敏感になっているような感じがしました

いや  たぶん N君がそばにいるからかもしれない・・・・

外側だけではなく心の中もN君を敏感に感じていました

 

 

「 お前・・・・・・・ 」

 

 

 

 

 

 

ikeママンはドキドキして彼の次の言葉を待ちました・・・・

 

 

 

 

 

 

 

「 水着 エロすぎっ! ☆☆ 」

 

 

 

 

 

   ハッ??? (=_=)

 

 

 

 

 ikeママンは目が点になりました

 

 

 

「 何か羽織っといたほうがええぞっ! それ 」

 

 

 

N君は思いがけない捨てセリフを残して去っていきました

ikeママンは途端になんだか侮辱されたような気持ちになりました

このビキニは今日のために新しく購入したものでした

白の三角ビキニはハイビスカスがついててikeママン的にお気に入りだし

下はジーンズのホットパンツだし

ビキニのなかでもいやらしく見えない健康的なものを自分で選んだつもりでした

 

 

 

 

  なによ!なによ!  (:`θ´)/

  みんなビキニやのになんであたしだけエロいとかいわれなアカン訳?

  あたしN君の彼女でも何でもないのに   

  どんなカッコしようとあたしの自由やん!!

   そうよ!!   言うこと聞くわけ無いやん!!359

 

 

 

 

 

 

 

 

暫くして 沖でボート遊びしていたM子K子達が帰ってきました

 

「 あれ~??ikeちゃん この暑いのに何長袖着てんの? 」

 

 

 

 

 

 

「・・・・・べつに・・・・ 」

 

 

 

 

「 たけしがまたお肉焼くんやって! なんかここ来てから

食べて・  遊んで ・食べてばっかり (笑) 」

 

 

「それが キャンプってもんよ~ ♪ ikeちゃん野菜持ってきて 」 

 

 

ikeママンの視線の先には波打ち際で遊んでる 

N君とゆみちゃんの姿が映りました

ikeママンはボーッとして野菜の入った器を手から取り落としそうになりました

k子があわててikeママンから器を奪い取りました

 

「 そそっかしいんだから! 」

 

 

K子は野菜の器をテーブルの上に置きました

 

 

「・・・・K子・・・・ 」

 

「 うん? また氷が足りなくなりそうね  」

 

 

 

「 あたし・・・・中学の時から ・・・ ずっとN君が好きだったの・・・・

そう・・・・ きっと今でも・・・・・・ 」

 

 

 

「 やっと素直になったな!  知ってるわ!ベイビー!

誰かに氷を買ってきてもらわないと  」  

 

 

「 どうして知ってるの・・・?・・・・ 」

 

 

ikeママンはK子の肩におでこをつけて言いました

 

 

「 あたしは たった今気付いたばかりやのに・・・・・ 」

 

 

「 どんだけ ニブイのよ!  私はあんたらを中学の時からみてるのよ

それに 最近のあんた達もね 「 ZIp 」 のNo1が 中学生みたいな

片思いしてるって  客に聞かせてやりたいわね!! 」

 

 

 

 

K子がikeママンの髪を優しくなでました

 

「 ・・・・・辛いね ・・・・  」

 

「 ・・・・うん ・・・・・   」

 

 

K子がイケママンの腰に腕を回して一緒にベンチの隅に座りました

 

 

「 こんな風に 友達同士で大勢で遊ぶのってステキよね・・・・  」

 

 

K子にもたれながらikeママンは言いました

 

 

「 うん・・・・そうね・・・・・  

5年もブランクあるねんからしゃーないやん!

N君に彼女がおるって知ってても彼を好きでおるかどうかは

ikeちゃんんの自由やん! それに今日は彼女も来るって聞いててんから

ホンマに嫌やったら来んかったらええ話しやったやろ?

イジイジしとらんと ここは一発割り切って友達で思いっきり楽しむのが

ええ女ってもんちゃう?  」

 

K子は缶ビールを開けながら言いました

 

「 人間には・・・自分で自分の周囲に線をひく人もおるねん  」

 

「 そういう人達は自分にはその線を踏み越える権利がないと思ってるのよ

ikeちゃんがいったい何にそんなに遠慮してんのか私には分からんけど・・ 」

 

 

ikeママンはポンッとK子の肩を叩いて言いました 

 

 

「 ええ女やで・・・・K子 ・・・・  」

 

 

「 ほほほほほ♪ ありがと! ほな私とまーくんの事協力してね! 」

 

 

「 ・・・・・ラジャ・・・・・  」

 

 

 

夜になって夕日は水平線の彼方に沈みかけ 

鮮やかな夕焼けに染まり 空は紫とグレーに暮れなずんでいました

 

キャンプ場にはランタンの明かりが灯り出し

辺りはとてもロマンティックで幻想的になりました

K子に胸のうちを打ち明けたせいかikeママンは昼間ほど

落ち込んでいなく この時間にはすっかりN君にも友達のフリをして

意識しないでしゃべれる様になっていました

 

「 さぁ~~! みんな~♪ カレーが出来ましたよ~♪ 」

 

K子の言葉にまーくんの走り屋仲間の連中が 空腹を次々に訴えて

テーブルになだれ込んできました 大きな3つの設置されたテーブルは

あっという間に人でいっぱいになりました

 

 

「 あれ? N君達あの3人は? 」

 

「 ああ~~!! アイツらは花火買いにいったよ~! 」

 

夜から合流したまーくんの相方の山下くんがカレーをがっつきながら言いました

 

 

「 え~~~??? 花火までするの? ことこん遊ぶつもりやな? 」

 

 

 

一番隅っこのテーブルにポツンとゆみちゃんが座ってるのが

ikeママンの目に入ってきました

 

 

・・・・・ホンマにほったらかしにされてるんやな・・・・・

 

 

ikeママンはお皿にカレーを盛り 

テーブルの横のクーラーBOXから飲み物を二つ取り出しました

 

 

 

「 ・・・・ほっときなよ・・・・・  

全然手伝わへんくせに食べるのだけは

いっちょ前に食べてやんで! 」

 

 

M子は小声でikeママンに言いました 

M子は本当にゆみちゃんが気に入らないようでした

その訳は具合が悪そうなゆみちゃんを

たけしがとっても気遣うからだとikeママンは思っていました

それに なんだかM子は将来うるさい姑になりそうだなと

ちょっぴりおかしくなりました

 

 

 まーくんが連れて来た走り屋仲間には女の子も数人いて

その頃にはikeママン達も一緒にカレーを作ったりで

すっかり仲良くなっていたのですが 

ずっとたけし君とN君に守られるようにされてた

ゆみちゃんとはまだ一言も話しをしていませんでした

 

 

M子にそう言われても なんとなくikeママンは気になって

カレーと飲み物を差し出しながらゆみちゃんに話しかけました

 

 

 

「 ・・・・食べる?・・・・  」

 

 

 

「 ・・・・・すいません・・・・・・・ 」

 

 

 

「 まったく あの連中帰ってこないね~・・・

あ・・・ あの 私達 N君と中学一緒やってん! 」

 

 

 

ゆみちゃんは 口をつけないで カレーをまぜながら言いました

 

 

 

「 ・・・・・知ってます・・・・・・・ 

Nさんの中学の時の 卒アル (卒業アルバム)

見ましたから・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ     

 キラキラライン2

  ☆続き No23を見る

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

06 : 25 : 50 | 二十の再会☆No22 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。