スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの初恋☆No 3

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

 No 3  (  離れる 心  )

 

 

お祭りがおわった夜 

もう少しでikeママンはN君の気持ちがきけたのに・・・・

なんかすごい展開になってます 

それは 

ikeママンの町でも不良で有名な竹田先輩達に囲まれちゃいました・・

 

 

 

竹田先輩がN君につばを吐きながら近寄ってきました

 

「そいつ お前のおんなかぁ~?」

 

 

 

 

「・・・・・・・・・同じクラスのヤツですよ・・・・・」

 

 

 

 

少し愛想笑いをして答えたN君の顔は笑っていませんでした

ikeママンは本当に心臓がドキドキしていて

なんだか足までガクガク震えてきました

 

 

 

「へ~い~~♪ギャルギャルゥ~~?俺ら お金ないね~ん♪

10円でもいいからちょ~だ~い♪」

 

 

 

竹田先輩の連れが ikeママンに迫ってきました

ツーン  とシンナーくさい息がikeママンにかかりました

 

どうしよう・・・・・

ikeママンは1200円しか持ってませんでした

お財布盗られたら今月のおこずかいなくなっちゃう・・・

お父さんに盗られたって言ったらまた くれるかな・・?

きっと盗られるんやろな・・・・・・

ikeママンは黙ってそんなことを考えていました

 

 

 

「こいつ ホンマ金 もってませんから!」

 

 

 

N君が竹田先輩に言いました

 

 

「ホンマやなぁ~?おいっ 女っ! お前飛んでみっ!

こいつが飛んで金の音したら おいっNっ!お前なぐるぞっっ!!」

 

 

 

どうしよう・・・・・飛んだら絶対小銭がチャラチャラ音がします!!

そしたらN君がなぐられちゃうっっ!!

ikeママンは今まで経験したことが無いくらい本当に怖くて

立っていられませんでした

 

 

 

「いやっマジでっホンマにコイツ  もってないんっすよ!!!

俺も今全部使ってしまったしっっ!!」

 

 

 

N君にうでをつかまれikeママンはN君の後ろへ回されました

 

 

 

「だからその女にホンマに持ってないんか飛べって言うてるんやんけっ☆

何でお前が出てくるんやっっゴルァッッ!!」

 

 

 

N君がむなぐらをつかまれました!!

 

 

 

竹田先輩の連れがikeママンとN君の自転車をケリ倒しましたっ!! 

 

 

 ∑がっしゃーーんッッ!!!∑

 

 

ikeママンの足もとに自転車が飛んできました!!

 心臓が早鐘のように打ってます!!

 

 

 

 

 

どうしよう!!

 

どうしよう!!

 

マジ この人ら  ヤバイッ!!

もうっこんなんイヤやっっ!!

 

誰かっ誰か助けてっっ!!

 

ikeママンはとうとう泣いてしまいました!

 

 

 

 

「ぐっ・・・・・・っ離せやっっ・・・・」

 

 

 

N君も竹田先輩につかみかかりました!!

 

 

 

「誰にむかって口きいとるんじゃっっこらーっっ」

 

 

 

N君が頭をつかまれ! 自動販売機に叩きつけられました!!

 

 

 

 

∑ガツンッッ!!

 

 

 

N君の後頭部が 自動販売機にぶつかってすごい音がしました!!

 

 

 

やめてーーっ!

N君が死んじゃうっーーーー!!356

 

 

 

 

 

 

「おらっっー竹田っ!!

何やっとんじゃやめんかっっ!

 ゴルァッッ!」 

 

 

 

誰かがN君と竹田先輩を引き離しましたっっ!!

 

 

 

 

 

N君のお兄さんでした☆

 

 

 

 

 

 

 

N君には2つ年上のお兄さんがいて

ikeママンが1年の時は生徒会長をしていました

それにN君のお兄さんは空手がとても強いので有名でした

N君のお兄さんは彼女と一緒にいて

 

 

彼女「大丈夫?」

 

と優しくikeママンに言ってくれました

 

 

 

 

「竹田!!お前!この間 鑑別 出てきたばっかりやろっ!!

またもどりたいんかっっ!!」

 

 

 

「べつにぃー??ちょっと話ししてただけやろがっっ」

 

 

 

 

そう言い残して竹田先輩達は去っていきました・・・・

 

 

ikeママンはホッとしました!

涙がこぼれてしかたありませんでした

でも同時に安心した涙でもありました

 

ああ・・・よかった助かった・・・・・

でもまた竹田先輩達が仲間を引き連れて帰ってきたら・・・・

 

 

ikeママンはぞっとしました 

 

 

 

 

 

 

 

ikeママンはN君に駆け寄りました

 

 

 

「N君大丈夫?血とか 出てない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パシッッ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ikeママンの差し出した手はN君に払われました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・大丈夫や・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「N!!お前立てるか?その子も もう遅いし送っていくぞっ」

 

 

 

そう言ってN君のお兄さんが自転車を起こしてくれました

N君のお兄さんと彼女と4人で送ってくれている時

ずっとN君はikeママンの顔をみてくれませんでした

 

 

怒ってるのかな・・・・?

私がもっとはやく竹田先輩にお金を渡してれば・・・・

N君は殴られずにすんだ・・・・

いやあの時私がN君にじゃれたりしないですぐ帰ってれば・・・・・

こんなことにならずにすんだのじゃ・・・・

 

 

 

 

「あの・・・・N君・・・ごめんね?・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・・べつに・・・・お前のせいじゃないし・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

帰りの道中N君はずっと横をむいたまま口をきいてくれませんでした・・・・・

ikeママンももうそれ以上は怖くて話しかけられませんでした・・・・・

次の日は連休で ikeママンは眠れない夜を過ごしていました

 

 

目を閉じればN君が真剣なまなざしでikeママンを見つめた顔が浮かびます

「あのな・・・・俺な・・・・・」   あの時N君は何を言おうとしてたのでしょう?

すぐ  その後に 竹田先輩に殴られてるN君・・・・・

帰り  口を聞いてくれないN君・・・

次々と浮かんできて・・・

電話をしたくても  「嫌われたのでは?」

と怖くてできませんでした

このまま学校でも私達は話しができないまま  席替えをして

 

ikeママンとN君は教室の端と端に別れてしまいました 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時15歳だった 私達のこの距離は 

 

 

 

 

 

 

 

心が離れるには十分の距離でした・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

23 : 41 : 35 | ikeママンの初恋☆No3 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。