スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

二十の再会☆No11

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

 No  11 ( その店の名は   )

 

 

 

 

 

 

 

「あ~~~!ワキ〇生えてる~!誰か脱毛テープもってない~? 」

 

 「 テープじゃ時間経つと赤くなるよカミソリにしなよ 

      ハイ☆1本¥100 」

 

 

 「 サンキュー! 」 

 

 

「 ヤバーイ☆〇理きちゃったぁ~!

    誰かぁ~〇ンポン売って~☆ 」 

 

 

「 ハイよ~☆ ¥100でいいよ~ 」 

 

 

イベントコンパニオンの裏側なんか本当に

皆様にお見せできたもんじゃありません 

今日もikeママンは 台風が近づいているのというのに

あるホテルの屋上プールで有名なエクササイズインストラクターの

アシスタントの仕事をしていました

インストラクターのバックで笑顔でエクササイズをやらされた上 

そのインストラクターの開発した商品販売の売り子をやらされる

とても おかしな仕事でした

ikeママンの登録していた派遣会社はt時々 こんなヘンな仕事を回してきたりしますが

ikeママン的に次は何をやらされるかと結構気に入っていました

 

 

先日会った怪しげな男性から貰った名刺は

まだikeママンのかばんの中にありました

なぜか 貰った名刺の写真がすごく気に入って そのお店を

見てみたいという思いはikeママンの中で日増しに強くなってきていて

たまたま 仕事が無い3連休に     気がつくと

ikeママンはこのお店に電話して面接までこぎつけていました

 

 

 

「  ふ~ん 高校中退ねぇ・・・・・・・ 」

 

 

金のロレックスが光る腕で

Zip のマスターが ikeママンの履歴書をみて言いました

 

 

 

「 高校中退じゃ・・・・ダメですか? 」

 

 

 

「 いや 全然ダメじゃないよ! 別に学歴がいる仕事でもないからね 」

 

 

 

「 ここ・・・・・スナック?ラウンジ? 」

 

 

「 そのどちらでもないよ 」 

 

 

 

マスターはニコッと笑ってタバコに火をつけました

 

 

ikeママンの座ってる漆黒の磨きこまれたテーブルに

上を見上げれば 大きな木製のファンがクルクル回っていました

まるで拳銃を持ったカウボーイが観音開きのドアを

両手でバンッと開けて入ってきそうな扉を思わせるカウンター・・・  

その奥には天井まで届きそうなボトル棚

ボトルの種類もさまざまで ワイルドターキーやヘネシー・バーボン

それぞれのボトルにマーカーで落書きされてるのを見ると

この店に愛着が湧いている 客が沢山いるんだろうと

いうことを想像させられました

 

そしてなにより黒塗りのピアノの横に

いかつくとまってる赤の ハーレーダビットソン・・・

ikeママンは一歩この店に入った時から映画の中に

入り込んでしまったような そんな不思議な感覚でした

この店の雰囲気そのものがここに来る客たちを誘ってる

 

さぁ 座って くつろいで そして 

どんどん金をつかいないさい

 

とでも聞こえてきそうでした・・・・・

 

 

 

 

「 あたし・・・水商売まったく経験ないんで 

よっぱらいのお客のお酒の相手とかだったら

絶対ムリなんで      辞めときます 」

 

 

ikeママンは自分のお父さんを思い出していました

マスターはじっとikeママンを観察しています

 

 

「 そういう物の見方は自分の人生感を狭くするよ  

なんでもやってみる前にムリだと決め付けてたら

自分が本当に得意なものも見つけられなくなるよ 」

 

 

このマスターの言葉には説得力がありました 

でも まだikeママンは不安でした

 

 

 

「 こう考えたらどうだい?    ikeちゃん 

君は女優なんだ!

 

 

 

ある客がかわいい女の子と一緒に盛り上がりたいと思えば

君は一緒に歌ってあげる 

また別の客が身の上話しを聞いて欲しいといえば

君は  その客の身内のように親身になって聞いてあげる 

または若い客だったら一緒にダーツをしたり

時には料理を運ぶウエイトレスをやってもらう事もある  」

 

 

 

マスターはタバコを灰皿にギュッと押し付けてikeママンを見て言いました

 

 

 

 

「  つまり 君は女優になって ここに来る客に 

 

 

もう一度君と一緒に飲みたい  

 

 

と思わせるんだ

どう?   そう考えたら楽しいだろ?

あとはやっていくうちに色々とわかってくるよ 

会わないと思ったら辞めればいい

それに うちはノルマとか同伴とかは一切無いしね♪  」

 

 

 

なんだかマスターに魔法をかけられた気分でした・・・

そして楽しそうでワクワクしてきました

その後も マスターとたわいない話しをして なんとそのまま

面接初日からikeママンはこの店で働きはじめました

最初はお料理を運んだりカウンターでお酒を作ったりしていましたが

すぐにikeママンは本領を発揮し出しました

Zipの  他の従業員のおネェさんもみんなとても優しくて

いろんな人がいました  

会社のOLさん・・・掛け持ちで ラウンジレディをしてる人

あとでそのおネェさん達に教えてもらったことですが

軽いノリがキライなマスターは今どきの女子大生など

は雇わない主義で  ましてや コンパニオンをマスターが

スカウトしてきたのはとっても珍しいことだったようです

 

 

おネェさん達には仲良くしてもらっているものの 

社会に出てから 本当に気の会う友達を作るのは とても難しいと

ikeママンは実感していました

ヨッちゃんは子育て真っ最中で大変ですし

中・高校の友達とはもちろん連絡をとっていませんでした

そんな少し孤独感を感じていたある日 

難波の改札で一人の女性に声をかけられました・・・・

 

 

 

「 ikeちゃん ちゃうの? いや~~~!!

えらいべっぴんさんになって!

オバちゃん初め誰か 分からんかったわ! 」

 

 

 

M子のお母さんでした・・・・・

2年前に 

この人から学費を援助してくれるという申し出を断っわってたので

すこしikeママンはバツが悪かったのですが 

その日の晩に即効 M子から電話がかかってきました

それから  K子 も入りすぐまた3人で遊ぶようになりました

ありがたいことに 勝手に 二人の前から姿を消したikeママンを

この二人はちっとも攻めませんでした

なんで連絡をしなかったのかとか

今まで何をしていたのかとか 水商売をしてることとか

そんなことは一切言わず まるで昔に戻ったかのように

3人で遊びたおしました

 

 

 

 

 

ikeママンはこの二人の友情に深く感謝していました・・・・・・・・

 

 

 

 

 そう・・・      とても深く・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 ikeちゃん・・・・・・ ikeちゃん・・・・ 起きて・・・ 」

 

 

 

 

K子が優しく体をゆすりikeママンはハッと目を覚ましました

 

 

「 おはよう! 」

 

 

 

ikeママンは暫くこの状況がつかめませんでした

 

 

 

「ん・・・・・ ここ・・・どこ? 」

 

 

 

「いや~ね!! ikeちゃん ここはたけしの車の中やん!

あたしら ikeちゃんのお店行って合流して

04レース見にきたんやないのぉ~~~♪ 」

 

 

M子が助手席を降りながら言いました

 

 

 

 

 

「 あたし・・・・  どれくらい寝てた? 」

 

 

 

「ん~~ゆうても 20分ぐらいやで~

どうした?疲れてる? 」

 

 

 

 

K子も車から降りながら ikeママンに言いました

なんだかとても長い夢をみてた気がしました・・・・・

それは とても 長い・・・・・・

 

 

 

 

まだ意識がもうろうといている ikeママンの後部座席のドアを

たけしが開けて言いました

 

 

 

 

「 ついたで!ikeちゃん!!

 

 

04 レースや!!  」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

築港の港の風と タイヤが焼けた匂い・・・・

 

 

耳が割れそうな爆音がikeママンを襲いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

 ☆続きNo12を見る

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

07 : 41 : 49 | 二十の再会☆No11 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。