スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

二十歳の再会☆No10

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

 No  10 ( 外車の彼    )

 

 

 

 

 

魅惑の赤い月明かりに照らされて ikeママンはN君の家に来ていました・・・

N君家は2階建てで 一階が酒屋さんになっていました

お店はもう閉まり 常夜灯はついていますが看板の明かりは消え 

店にはしっかり鍵がかかっています 

建物の裏にある住まい部分への玄関にはポーチライトがついていますが

25ワットの電球だからとても薄暗いもので

タバコの自動販売機だけが浮かび上がって辺りを照らしていました

ikeママンはメンソールのタバコを自動販売機で買いました

どうして自分の足がここに向かったのかは 深く考えませんでした

 

 

いや 

 

 

 

考えないことにしました 

まだ高校生のN君にとても遠い距離を感じていたikeママンは 

この頃からなぜか  夜遊びをしたらここに寄って

タバコを買って帰る習慣がつきました 

 

偶然に会うことを期待したのでしょうか?

それとも何かで繋がっていたかったのでしょうか?

 

 

ikeママンはこの頃の自分の意味不明な行動を

あとでじっくり考えさせられることになります

 

 

今まで地味な工場の流れ作業をしていた反動でしょうか

ikeママンが選んだ次の仕事はイベントコンパニオンの派遣会社でした

いろんな場所で働きましたし もともと派手好みのikeママンに

この仕事は会っていました コスプレ好きのikeママンは

いろんなユニフォームが着れるのでとっても楽しんで働いていました

 

 

そんなある日の仕事は 大阪南港の高級外車の展示イベントでした

ikeママンの仕事は 高そうな高級外車のシートに お人形のように座って

ニッコリ笑って見に来る人の購買意欲を掻き立てるものでした  

しかし長時間 超ミニスカートからパンツが見えないように

足をぴったり閉じて ななめに座っているのは 思ったより辛くて

ikeママンの太ももは悲鳴をあげていました

おまけに  ど派手な背中パックリのこの衣装は

当然ブラジャーなんかつけれないので 

より胸を寄せて高くみせるために 医療用のテーピングテープを

胸一面に吊り上げて張っていたので 

皮膚がかぶれて痒くて仕方が無かったのです

 

 

 

  ヤッヤバイ・・・・ 

あっ足開きて~~~356 乳掻きて~~~~356

 

 

 

ikeママンの笑顔はピクピクひきつっていました

 

 

 

 「きみ~~~!! いい~足してるね~~☆ 」

 

 

 

 

その時我慢も限界のikeママンに声をかけてきた一人の男の人がいました 

ひと目見てヤバそうな風貌のその男性を見て

 

 

  キケンな男やな・・・・・ 

 

 

ikeママンは思いました

その男性の優雅でなめらかな全身の動き方にもそれは現れていました 

髪は濃いこげ茶のロン毛で 着ている物はこざっぱりとした

仕立てのいい灰色のジャケット

見たところイタリアのブランドものでしょう 

そして金のコインペンダントに 腕には金のロレックスデイトナ・・・・・

 

 

 

「 あっ 怪しいものじゃないんだよっ!!

ナンパでもないしっ!ほらっ名刺もあげるよ!」

 

 

 

 

   じゅうぶん怪しいっつーの!!

 

 

 

ikeママンは思いっきり警戒していました 

だいたいこんな所にくるのは 高級外車を趣味で乗り回す

金持ちのおっさんぐらいしか来ないし  

そんな大金持ちの社長のおっさん達は こんな所で

きわどいカッコをしてる お姉ちゃんのモラルを過小評価する傾向にありました 

 

コンパニオンの多くが女優や芸能界入りしたい子や

なにかのコネを狙っている子ばかりなので

この若くて怪しい男性も ikeママンのことを そこらへんの女の子と一緒で

特別身持ちの悪い 軽い女だと思っているのは間違い無いでしょう

 

 

「 君 派遣でしょう? この仕事 

よかったら週3回でもうちにバイトしにこない? いやっ! 週1でもいいんだ! 

店の子が急に辞めちゃって

求人広告出して来てくれるの待ってるヒマないんだよ!

ね? お願い! 時給もここの1.5倍出すからさっっ  」

 

 

 

その男性は強引にikeママンに名詞を渡しました

 

 

 

「じゃぁ 考えといて!俺ちょっと 急ぐから 店見学にくるだけでもいいから 

きっとひと目見たら気に入るよ! ね? 待ってるからね~~☆☆」

 

 

 

 

     1・5倍・・・・・

 

 

 

 

その言葉にikeママンは惹かれました 

そして何よりその男性のマジメな態度が以外でした

普通 こんな所で声をかける男性なら 

このあとすぐとか終わってからとか 

なんとか二人で会う口実を作るものですが

彼は名詞だけ渡してさっさと帰ってしまいました

 

名詞を見ると 小さな写真が載っていました 

その写真は ハーレーダビットソンに昔のアメリカ映画に

出てきそうなショットバーが写っていました 

 

 

 

 

「 クラブ・・・・   Zip   ・・・・・? 」

 

 

 

 

ikeママンは名詞を見てつぶやきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう これが のちにikeママンが働く   「  Zip 」  のオーナー

マスターとの出会いでした・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

☆続きNo11を見る

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

07 : 00 : 46 | 二十歳の再会☆No10 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。