スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ikeママンの初恋☆No11

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 キラキラライン2

 

 NO 11   (  どうする?  )

 

 

二人は抱き合いながら海を見つめていました・・・

N君は片足をベンチに上げikeママンをすっぽり包む感じで抱きしめていました

ikeママンもN君の腰に手を回し体を密着させていました

 

離れたら・・・・     これでもう友達      離れたくないなぁ・・・・

 

そうikeママンは思っていました 

 

 が    口火をきったのはN君の方でした

 

 

 

「・・・・あの~~・・・〇宮さん?・・・・」

 

 

「・・・・・・なんでしょう?・・・・・・」

 

 

「そろそろ・・・・・ヤバイんで・・・・離れていただきたいんですが・・・・」

 

 

「ヤバイって・・?   何が?   」

 

 

 

「あのなぁ~~~   言わすか?    お前って!  ほんまアホッ!」

 

ikeママンはN君に  (アホッ!)  と言われるのは結構スキでした

なんだかその言い方はikeママンのことが かわいいくて仕方がないって

感じの口調だったからです

 

 

二人は見つめあいました・・・・

 

 

 

 

私の方から・・・   Kissしたら・・・・  N君は困るかな・・?

 

 

 

見つめながらikeママンはそんな事を考えていました

 

 

 

「・・・・マジで・・・・離れて?・・・」

 

 

 

N君は困ったような   テレたような顔で言いました 

好きな人は困らせたくありません 

ここらへんが引き際だとikeママンは悟っていました  

 

 

 

すこし雨が降ってきました

 

 

 

「やべぇ!!もう9時過ぎてんぞっっこっから家まで1時間はかかるぞっっ!!」

 

「え~~~?もうそんな時間~~?」

学校の授業の45分はいつもなんて長いのかと思うのに

楽しい時間は本当に過ぎていくのが早いものだとikeママンは感じてしました

N君と天保山のコンビニでパンやらお菓子やらを買って 電車の中で食べました

最終 近い車内は市外に出ると もうikeママン達以外に人はいませんでした

雨はさっきより少し強くなっていました

 

 

地元の駅に着き       いよいよお別れの時です

 

「なんか・・・・  すっかり遅くなってしまったな・・・  家  大丈夫・・・?」

 

「・・・・・・うん・・・・・」

 

なんだか寂しくて涙が滲んできました

 

 

 

「じゃあ・・・・明日・・・学校でな・・・・・」

 

 

「・・・・・・うん・・・・・」

 

 

「・・・・・・泣くなっ・・・・・・」

 

 

そう言って またN君はikeママンの頭を片腕で引き寄せてくれました  

ikeママンは家に帰っておもいっきり泣こうと思っていました

そして 

 

 

明日からは元気に笑ってN君の横にいよう     ・・・・そう・・・・  

思いっきり友達の顔をして・・・・・

 

 

 

 

N君と自転車置き場に行ってバッグの中の鍵を探しました

 

 

 

 

 

 

「あーーーーーーーーっっ!!!   」

 

 

 

「どうしたんや?」

 

 

 

 

N君が自転車に乗ってikeママンの所に来ました 

 

 

 

「・・・・・カギ・・・・・天保山のゲームセンターに・・・・忘れてきた・・・・・・・404 」  

 

 

 

 

「はぁ~~~~???405  」  

 

 

 

 

 

ikeママンは家の鍵と 自転車の鍵を 化粧ポーチの中に入れていました 

そしてゲームセンターのトイレに行って髪をとかした時に

洗面所にそのまま置いてきてしまったのです 

 

 

 

「  カギって   家のカギもかぁ~?」

 

時刻は10時過ぎ・・・・

 

いくらなんでも今からもう一度電車に乗って取りにもどったとしても・・・・

弊店時間には間に合いません

 

 

 

「・・・・・・・・どうしよう・・・・・・・・・」  

 

 

 

「どうしようったって・・・・・ったくお前!  アホやなぁ~~っ☆

何で気付かへんねん!」

 

 

 

「  だって・・・・・・  」  

 

 

 

だって今日はN君と一日一緒で舞い上がってたんやもん!・・・・・・

 

 

 

そんな言い訳できるわけありません    カッコ悪くて   アホ過ぎて 

又 泣きそうになりました

 

 

「・・・・・しゃーないな~  チャリはもうそこ置いとけ! 

家に鍵もう一個予備あるんか?  」

 

 

 

「  うん・・・・ある  」

 

 

 

「ほな  明日取りに来たらええやんけ! ほらっ 後ろっ乗れ!」

 

 

 

「  え?  」

 

 

 

 

「 家 帰ってドア叩くなり  電話するなりして入れてもらえっ! 」

 

 

雨は止む気配はありませんでした 

 

 

N君の自転車の後ろに乗ってるikeママンにも雨は当たってるけど

ちっとも冷たくはありませんでした 

自転車を全速力で漕ぐN君にそっともたれていました  

 

 

なんか・・・・・N君ってすごく頼りになる・・・・  

今日一日で本マにそう思った      

N君は普通の男の子よりずっと大人なんかもしれん・・・・ 

でも問題はうちのお父さんが起きてくれるかどうか・・・・・

 

 

家にはやはり鍵がかかっていました 

ikeママンはドアを何回も叩きましたが 中の電気は真っ暗でした  

でもこれ以上ドアを叩くと近所迷惑です 

 

きっと・・・・・お酒飲んでつぶれてるんや・・・・

 

当時のikeママンのお父さんはアルコール中毒になりかけてて  

夜は大量にお酒を飲んで 決して朝まで起きませんでした 

公衆電話からも何回もうちに電話しましたがお父さんは一向に起きません 

テレフォンカードの数字が0になりました

 

時刻は11時半を回りましたが N君はまだikeママンと一緒にいてくれていました  

 

 

 

「おっちゃん・・・起きへんのか?・・・・」

 

 

 

「・・・・・・ん・・・・・・・」

 

私達は雨宿りのため 近くの川沿いの神社の境内に場所を移りました 

こんな夜中に神社に来ることなどまずありません 

秋祭りなどにはすごく賑わうこの神社も 今夜はうっそうと静まり返り

とても一人だったら耐えられない所でした  

雨はますます 激しく降っています ikeママンは長袖こそ着ていましたが

秋になったばかりでも夜中は冷えますし しかもその服は雨に濡れていて

N君とikeママンはすっかり冷えきっていました 

 

「  あ~あ~~  どーするの? お前っ  これから? 」

 

ikeママンはとっても惨めな気持ちでした  髪も服もぐしょぐしょでした 

 

「 ゴメン・・・・N君もう帰っていいよ!」 

 

「 帰っていいよって・・・・お前どうすんねん!!

俺ん家来るかって言ってもなぁ~~~~!

さすがにこの時間にお前連れて帰ったらオカン倒れるやろなぁ~~~ 」 

 

 

 

「だからっ!!N君もう帰ってええって言ってるやん!!

あたしっ M子ん家にでも行くからっ 」 

 

 

 

「・・・・・・今日俺と出かけてんの・・・・あいつらに内緒やねんやろ? 

それにもう・・・・12時やぞ・・・」

 

 

そう     行ける訳ありませんでした

ikeママンは激しく自己嫌悪に陥っていました 

せっかくのデートで楽しい気分が最後で台無しになってしまったのです 

自分のアホさ加減に涙がでてきました 同時にお父さんへ怒りも湧いてきました

 

 

こんなに電話してるのに・・・・なんで起きへんの???

 

20年ほど前の当時は24時間営業のファミレスなど無く

コンビにも普及していなくて この辺りには

遅くまで営業しているお店なんてありませんでした

 

 

「N君・・・・ゴメン・・・今までありがとう・・・ホンマええから  帰って  

私もう・・・一人で大丈夫やから・・・」

 

ikeママンはもうこれ以上 惨めな気持ちになりたくありませんでした

さっき北港で一応N君にはフラれてるんだし・・・・・

明日からキレイさっぱりN君のことは忘れようと思っていたのに・・・・

 

 

きっとN君あきれてる・・・・ 

めんどくさい女やって思われてる・・・N君かって帰りたいにちがいないし・・・・ 

 

 

「  ホンマ・・・・・マジ・・・・・帰って・・・・・」

 

 

 

ikeママンは体育座りでうずくまり   早くN君が帰ってくれるのを待ちました

 

 

 

 

暫く二人の間に沈黙が流れました

 

 

 

 

雨はどんどん激しくなってきます  神社の草木に雨のあたる音が響きます

 

 

 

 

「 ・・・・・ しょ~がないから・・・・  あそこ   行く?  」

 

 

 

 

N君が川の向こうを指さして言いました 

ikeママンがその指をたどって川の向こうを見ると

真っ暗な川ぞいにひときわ輝くネオンがありました

そのネオンには  (コティ~) と書かれ  (空き室あり)  の看板がチカチカしています  

 

 

 

そうN君が指さしたのは  ラブHOTEL   でした

 

 

 

ikeママンは3分ほどフリーズしましたが  我に帰ってN君に聞きました

 

 

 

 

 

 

 

 

「   マジ・・・・・?  」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N君の顔はマジでした・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 オープンしてたった1日で150位もランクUP!! 皆さんありがとう~406

 ランキングに参加しています! 応援ポチッ プリーズ!! 

      にほんブログ村 恋愛ブログへ      にほんブログ村 小説ブログへ

 

 

 No12 ( うれしはずかし朝がえり? ) 続きを読む


 

 

スポンサーサイト

テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

18 : 06 : 54 | ikeママンの初恋☆No11 | トラックバック(0) | コメント(19) | page top↑
| ホーム |

バックナンバー

最近の記事

RSSリンク

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。